メニュー
猫背を直して1cupバストアップ!1日5分の簡単ストレッチで正しい姿勢を身に着けよう!

運動不足やPC作業など姿勢を悪くする習慣がついていませんか?

日本人の多くは猫背だといわれていますが、この猫背は肩こりや頭痛の原因になるだけじゃなく、肌のハリやツヤが失われる、痩せにくくなる、バストラインに悪影響など美容にとっても良くないことがたくさんあるんです!

肩甲骨やバスト周辺の筋肉をほぐすストレッチにTRYして綺麗な姿勢でバストアップを目指しちゃいましょう!

そもそも日本人は猫背が多い

日本人は7〜9割以上が猫背だといわれています。もはや国民病ともいえますね。 それもそのはず、そもそもアジア人は農耕民族だったため田畑を耕しやすいよう前傾姿勢になりやすい骨格になっているのです。

対して欧米人は狩猟民族だったため、早く走るためにハムストリングが発達し、槍を投げるために腹筋や背筋が発達してきました。 中でも大きく異なるのが骨盤の角度です。

日本人は骨盤が後ろ側に傾いてるため、背骨は外側にカーブし猫背のような姿勢になりがちです。 対して欧米人は骨盤が前側に傾いているため、腰を反るような形になり肩も開いた状態になります。

猫背(巻き込み肩)になってしまう原因

猫背になってしまう原因は民族としての文化によるものだけではありません。 現代の生活の中でも猫背になってしまう様々な原因が潜んでいます。

  • 長時間のPCやスマホ使用
    首が前に出た状態で背中が丸まってしまい、猫背の原因に。
  • デスクワークなどで長時間座りっぱなし
    こちらも首が前に出た状態で背中が丸まってしまい、猫背の原因に。
  • 車の運転をすることが多い
    ハンドルを握る姿勢は肩を前へ巻き込むような姿勢となるため、肩周辺の姿勢が悪くなりがちに。
  • 運動不足
    運動不足により筋力の低下や筋肉の柔軟性が低下し、姿勢を保つことができなくなってしまいます。

姿勢が悪いことで起こる体のトラブル

猫背になるとバスト周辺の筋肉が使用されず縮こまってしまい、バスト周辺の血行やリンパの流れも悪くなってしまいます。

そうすると体に溜まった老廃物が上手く排出されなくなり、体の代謝も落ちてしまうことに。 具体的には以下のような体のトラブルが起こりやすくなってしまいます。

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 頭痛 自律神経の圧迫
  • ぽっこりお腹
  • 便秘
  • 呼吸が浅くなる
  • バストが小さくなる
    単純に姿勢が悪くてバストが小さくみえるだけでなく、血行が悪くなりバストの代謝が落ちてしまうこともバストダウンの原因に。

正しい姿勢のメリット

逆に正しい姿勢を身に着けると全身の血行や代謝も改善されていき、バストだけでなく健康美容の面でも多くのメリットがあります。

  • 体に負担がかからず疲れにくい
  • 冷え性改善
  • バストが上向きになり大きく見える、バストアップ効果も期待できる
  • 全身のスタイルがよく見える
  • 痩せやすくなる

ではどうやって猫背を直せばいいの?

それでは実際に猫背改善のための4つのストレッチを行ってみましょう。

全身ストレッチ

  1. 床に四つん這いになり、膝と手は肩幅より少し広めに取ります。胸を床につけるような気持ちで背中を反ります(目線は斜め上を見るように)。
  2. 今度は四つん這いの状態で背中を丸めて猫背の状態にします(目線はおへそを見るように)。

1.と2.を交互に3回ずつ行います。気持ち良さを感じる程度の力加減で行うようにしてください。

肩甲骨ストレッチ

  1. 左手で左肩を、右手で右肩を優しく掴むようにし、それぞれ外回り内回りで10回ずつ繰り返します。
  2. 腕を頭の上に伸ばし手のひら同士を合わせます。手のひらを外側に向けながら、左右の肩甲骨を真ん中に寄せるように肘を曲げていきます。これを5回繰り返します。

大胸筋ストレッチ

なぜ大胸筋もストレッチする必要があるかというと、そもそも肩甲骨が外に開く原因が大胸筋が萎縮しているせいだからです。 大胸筋をストレッチしほぐしていくことで、肩甲骨への負荷も減っていきます。

  1. 体一つ分隙間を空けた状態で壁の正面に立ち、片腕を横に広げて手のひらを壁につけます。
  2. 壁につけた手が背中側にくるように体を壁に対して横向きにします。
  3. 肩を壁に近付け、大胸筋中部を伸ばします。息を吐きながら20〜30秒キープします。

同様に壁につける手を上部にして大胸筋下部を、手を下部にして大胸筋上部を伸ばしてください。 反対の手でも大胸筋中部、上部、下部を伸ばすようにします。

呼吸筋ストレッチ

吸う筋肉である脊柱起立筋をストレッチすることで、姿勢を保つ抗重力筋も同時に動かし、猫背を改善し体幹の働きを促します。

  1. 立った状態でデコルテ部分で両手を組むようにし、口からゆっくりと息を吐き出します。
  2. 鼻から息をゆっくりと吸いながら、組んだ両手を前に伸ばし、膝を軽く曲げながら背中を丸めていきます。
  3. 更に吸う息を深くしながら左右の肩甲骨が外に開くことを意識してお腹を凹ませるようにします。
  4. ゆっくりと息を吐き出しながら最初の姿勢に戻ります。

1.〜4.の流れで3セット行います。

まとめ

いかがでしたか?猫背で良いことは何もないと分かりますよね。

それどころか猫背を直せばバストも上向きになり1カップ程はすぐにサイズアップも期待できちゃうんです!

ぜひこのストレッチを実践して美しい姿勢、美しいバストを手に入れてください!

この記事を書いた人

福島 名緒子
福島 名緒子
米国在住、現在2歳の女の子を子育て中の30代主婦です。授乳でバストが垂れ下がったことをきっかけに、自身のバストケア方法やその時に得た知識や情報を記事にしていきたいと思います。