メニュー
脇肉・背中肉がバスト肉に変身!?知っておきたいラクチン・バストアップ術♪

鏡や写真に映った自分の後ろ姿を見て驚愕。

弛んだボディラインに、ブラから出した脇肉…。

そんな目をそむけたくなる自分の姿、今すぐ変えたくありませんか? それもシンプル・簡単な方法で変えられる方法があるとすればどうでしょう?

面倒なことは嫌いな方にこそ一押ししたい、贅肉をバスト肉に変えるラクチン・バストアップ術をまとめてみました♪

脇肉・背中肉の元凶?! 肩甲骨のまわりの筋肉のコリ

まずは、なぜ脇肉・背中肉が発生してしまうのか、そのメカニズムを簡単に紹介しますね。

ハミ肉の元凶は肩甲骨周りの筋肉のコリにありました。 肩甲骨周りの筋肉がデスクワークや運動不足などで凝り固まってしまうと、肩甲骨周りの血行が悪くなり、老廃物や脂肪が流れにくくなることで、脇や背中にお肉がきやすくなってしまうんです。

  • 背中で手と手をつなげない
  • 背骨の部分がへこんでいない(背中が真平ら)
  • 運動不足の自覚がある
  • 長時間のデスクワークをしている

上記に1つでも当てはまる場合、肩甲骨周りの筋肉のコリがはみ出し肉の原因だと考えられます。

【毎日3分】肩甲骨周りの筋肉をほぐす方法

残念ながら、上記の項目に当てはまってしまったという方。ご安心ください。

ここでは毎日3分程度でできる、肩甲骨周りの筋肉をほぐす方法をご紹介します。

仕事中の気晴らしにもぴったりな簡単動作なので、ぜひ覚えてみてください♪

肩甲骨のストレッチ

  1. 両手を後ろで組んで、息を吸いながら胸を開いて肩甲骨を寄せます。
  2. 息を吐きながら状態をそらせて、前に倒してそのまま10秒静止。
  3. 息を吸いながらゆっくりと上体を起こします。

肩甲骨エクササイズ

  1. 手を軽く握り、腰に当てます。
  2. 羽をはばたかせるイメージで、ひじを前後に動かします。
  3. 10回を1セットとして毎日3~4セット行えると理想です。

この時に、肩を使わないように注意しましょう。 必ず肩甲骨に意識を集中させて、肩甲骨を寄せる動作・開く動作を意識的に行うことがポイントです。

贅肉をバスト肉に変える!リンパマッサージ

脇下は脂肪が付きやすい箇所だった!

風邪をひいて大熱を出した時に、脇の下を冷やしてもらった記憶はありませんか? 実は、脇の下には太い血管やリンパが流れています。 脇下を冷やすことは、熱を下げるのにピッタリの方法だったんですね。

問題は、脇下の血管やリンパが滞ってしまった場合です。 老廃物や血液が流れにくいことで、脂肪が付きやすくなり、脇はみ出し肉の原因になります。 一度片腕を上げて、脇下をグッと刺激してみてください。

「痛いっ!」と感じた場合、脇下リンパの流れが滞っています。 リンパマッサージを行い老廃物が流れやすく、脂肪になりにくい環境を作ってあげることが大切です。

脇下のリンパマッサージ

以下の動画は動作が分かりやすく、脇下スッキリをすぐに実感できます。 ぜひ、参考にしてみてください♪

付けるだけ簡単・補正ブラで贅肉をバスト肉に変えちゃおう♪

背中・脇の脂肪は少しずつではありますが、動かすことができると言われています。 はみ出てしまった脂肪を正しい位置(バストの位置)に固定して、癖付けしてあげることで、贅肉をバスト肉に変えることだって夢ではないのです! そこで役立つのが補正ブラです。

背中肉・脇肉をグッとバスト側に寄せて、固定する力に優れています。 たとえばラディアンヌでは以下のような商品が売れ筋です。

まとめ

誰でも簡単に実践できる脇肉・背中肉をバスト肉に変身させ、バストアップを叶える方法をご紹介しました。 これからあなたに実践して欲しいことは、以下の3つです!

  1. 1日3分の肩甲骨エクササイズ
  2. 就寝前にパパッとできる脇下リンパマッサージ
  3. 付けるだけ放置でok、育乳ブラの活用

1日3分程度のケアですが、毎日続けることで上半身が痩せて見えてダイエット効果も発揮してくれることでしょう。

ちょっとしたバストケア習慣の実践で、360度どこから見ても自信の持てる自分を手に入れてみませんか?

本記事の内容をぜひお役立てくださいませ♪

Edited by

ラディアンヌ
ラディアンヌ
妊娠・出産・子育て、ライフステージや加齢によってバストや体型が変化する女性が美しく年齢を重ねていくための育乳ブラや補正下着を専門に製造販売しているメーカーです。「味気ないデザイン」「価格が高い」といった従来の補正下着とは一線を画し、さらにご購入後にご利用頂ける3つの無料のアフターサービスをご用意し、誰もが気軽に育乳ブラや補正下着を楽しんで頂くことで、これからのボディステージを楽しんで欲しいと願っています。