メニュー
ナイトブラは日中使ってもいい?ナイトブラと日中用ブラの違いを解説

忙しい朝など、ナイトブラを日中用のブラジャーに着替える際に「このまま日中もナイトブラを着けていてもいいのでは?」と思ったことはありませんか。 特に、寒い冬の朝などはブラジャーまで着替えるのが億劫になってしまいます。

そこで、今回は日中にナイトブラを着けることによってバストにどのようなリスクがあるか、ナイトブラと日中用のブラジャーの構造の違いなどを解説します。

一般的なナイトブラは日中着けるとバストが下垂する!?

ナイトブラはその名の通りナイト専用ブラジャーです。 もしも一般的なナイトブラを日中に着用したらどうなるでしょうか?

結論からいいますと、バストは下垂して崩れていきます。

その理由は、日中用ブラジャーとナイトブラではその構造に違いがあるからです。

日中用のブラジャーは起きている体の状態に合わせてブラジャーを設計しています。 ブラジャーの目的は、バストの重みを支えバストの形を整えることですから、日中用ブラジャーは主に下方向へかかるバストの重みを支えるための構造(ワイヤーなどを挿入することによって)につくられています。

一方、ナイトブラは寝ている状態の体に合わせて設計されているため、バストが主に横方向へ流れるのを防止する構造になっていて、ほとんどのナイトブラはノンワイヤーでカップもソフトなつくりになっています。 また、快眠を妨げることがないように、日中用のブラジャーよりもサポート力も弱めのものが多くなっています。

日中にナイトブラを着用すると、下方向にかかるバストの重みを支える力が弱いため、バストが下垂しやすくなります。

夜・昼兼用ブラジャーに求められる機能とは?

夜・昼兼用ブラジャーとして着用するためには、1つのブラジャーに夜用と昼用の2つのブラジャーの機能を併せ持っていなければならないということになります。 2つのブラジャーの機能とは、 …

  • 起きている状態のバストを下から支える機能
  • 寝ている状態のバストの流れを横から支える機能
  • バストを中心に寄せ上げて形を整える機能
  • 就寝中の寝返りなどの動きにもブラジャーがずれない伸縮性
  • 快眠の妨げにならないソフトな着用感

上記のように夜・昼兼用に使用するには大変多くの機能を併せ持つ必要があり、ナイトブラにこれらの機能を全て備えるのはかなり難しいといえます。 しかし、一部のナイトブラには日中も使用できる機能を備えているものがあります。

全ての機能が充実したオールマイティーなナイトブラをご紹介

ラディアンヌの「すっぴんナイトブラ」はナイトブラとしての機能はもちろんのこと、日中に使用してもバストの下垂や崩れを起こさないように設計されています。 一般的なナイトブラとは違って、昼も夜もしっかりバストをサポートしてくれる、まさにオールマイティーなブラジャーです。 家事や育児のとき、仕事のときも安心してお使いいただけます。

ラディアンヌの「すっぴんナイトブラ」と一般的なナイトブラの大きな違いは、その構造と補正力にあります。 ラディアンヌが独自開発した補正力の秘密の全てをご紹介します。

寄せ上げグリップパッド

まるで自分の手でバストを寄せ上げて作った理想の形を実現する「寄せ上げクリップパッド」。垂れ胸も離れ胸も、小胸さんも脇肉をしっかりと入れて、バストを寄せ上げて育ててください!

「寄せ上げグリップパッド」はただのパッドではありません。 一般的な平滑な形状のパッドでは、バストの自重により流れやすくなってしまいます。

「寄せ上げグリップパッド」は、まるで自分の5本の指でバストの肉を斜め下方向から掴むような、バストの肉が流れにくく漏れにくい構造になっています。 この5本指構造によって、脇肉ごとカップに収めても、1日中カップ内にキープさせることができ、就寝中のバストの横方向への流れにも日中のバストの下方向への流れにも対応できるブラジャーになっています。

カップ周囲に配置したパワーネット

あらゆる寝相でフィールドテストを行い、たどり着いたカップデザインとパワーネットの配置。就寝中のバストの動きを360°全方向からバストを守り、クーパー靭帯への負担を軽減します。

「すっぴんナイトブラ」がナイトブラとしても、日中用ブラジャーとしても優れた補正力を持つ理由は他にもあります。 それがカップの周囲に貼り付けた「パワーネット」です。

「パワーネット」は「寄せ上げグリップパッド」の機能を補い、昼夜を問わず360度全方向からの重力に対して、完全な補正力を実現しクーパー靭帯を保護します。

バストの横流れを防止するサイドテープ

サイドに遊びがあるとバストは脇へと逃げやすい。ボーンでは快適さが損なわれるため、テープを二重で施すことでバストの脇流れを防ぎ、ナイトブラの弱点であるバストのキープ力を補います。

サイドへの横流れを防止するために、日中用ブラジャーではサイドボーンを挿入しますが、サイドボーンでは就寝時の快適性が損なわれることがあります。 「すっぴんナイトブラ」は、サイドボーンの替わりに12cmのテープを二重に取り付けました。

この「サイドテープ」によって、就寝中も日中もバストの横流れを防止します。

ラディアンヌの優れたパターン設計技術

ナイトブラにもラディアンヌお得意の黄金比率のバストスタイル!補正力の弱いナイトブラでも独自のパターン設計により実現!下向きバストも上向きになり、若々しく、明るい印象を与えます。

ラディアンヌの優れたパターン設計技術により、ナイトブラでも理想的な黄金比率のバストスタイルが無理なく形成されます。 起きている状態も寝ている状態でも、美しい黄金比率のバストがキープされます。

背中をすっきりさせる芯地の貼り付け

ナイトブラであってもバックスタイルは手を抜きません。バックに芯地の貼り付けることで背中のぼこぼこお肉を抑え、すっきりキレイな後ろ姿に!背筋が自然とピンとなり、意識的に良い姿勢に!

さらに、一般的なナイトブラは背中までは配慮されていないものが多いですが、「すっぴんナイトブラ」はバックスタイルにもこだわっています。 背中部分の布地面積を広く取り、芯地を貼り付けているため、背中に段差ができにくく背中全体をバックから支えるような構造にしました。 これによって、背筋が伸びた正しい姿勢をつくり、トップバストの位置も上がります。

以上のように「すっぴんナイトブラ」は、ナイトブラとしての機能はもちろんのこと、日中用ブラジャーに求められる機能まで全て備えています。

さらに、ナイトブラとしての大切な条件である就寝中の動きによるズレや睡眠を妨げないことなどにも細心の注意を払い、できるだけシンプルな形状にして伸縮性の高い素材を選んでいます。 ラディアンヌは、どんな姿勢で寝ても苦しくない、痛くならない、緩過ぎることがない、日中も着けられる完璧なナイトブラを実現させました。

あなたはナイトブラに何を求めますか?

ナイトブラと一口にいっても大変な商品数があり、素材・構造・機能・着用感・ブラの形などもそれぞれに違いがあります。 商品によっては、「これで補正力はあるの?」と疑問を感じてしまうほど、ただの下着に近いものもあります。 ナイトブラに何を求めるかによっても商品の選び方は変わってきます。

  1. バストの補正よりも快眠を重視したい
  2. バストの現状の形を維持したい
  3. バストアップしたい
  4. 日中用としても使いたい
  5. 日中も使えて補正力を重視、しかし快眠も妨げられたくない

例えば、①を重視されている人は自分のサイズに合った一般的なナイトブラの中からソフトな着用感のものを選べばいいでしょう。 しかし、②・③を求めているなら、ナイトブラとしての機能性をしっかり確認して選ぶ必要があります。 さらに④を求めるなら、日中にも対応できる機能が付加されていなければなりません。

そして、⑤を求めている人は、ラディアンヌの「すっぴんナイトブラ」を是非お選びください。 少し贅沢なくらい多くの要望にお応えできるナイトブラは「すっぴんナイトブラ」だけです!

最後に

一般的なナイトブラを日中に着用するリスクと、ナイトブラ・日中用ブラジャーの構造の違いをおわかりいただけたと思います。

あなたがもし一般的なナイトブラをお使いならば、面倒でも朝は必ず日中用のブラジャーに着替えましょう。

しかし、夜・昼兼用に使いたいという人は、ラディアンヌの「すっぴんナイトブラ」をおすすめします。 「すっぴんナイトブラ」は着けた瞬間から、一般的なナイトブラとの違いがわかるブラジャーです!

参考:ラディアンヌのナイトブラ、「すっぴんナイトブラ」はこちら

この記事を書いた人

ラディアンヌスタッフ 相澤
ラディアンヌスタッフの相澤です。
私がこれまでラディアンヌをはじめ、下着業界でのお仕事で経験してきた下着やバストの知識や情報をみなさまにお届けしたいと思います。