メニュー
ブラジャーのアンダー全体が上がる原因とブラジャーの選び方を解説

腕を上げたり体を動かしたりすると、ブラジャーのアンダー全体がずり上げってしまうということはありませんか?

ブラジャーがずり上がるのはとても不快です。 ずり上がる度に人目に触れないよう、こっそりブラジャーを下す作業も面倒なもの。

不快感だけでなく、ずれ上がるようなブラジャーはサイズが合っていないため、バストにとっても良くありません。 今回は、ブラジャーのアンダー全体が上がる原因とブラジャーの選び方、おすすめのブラジャーなどを解説します。

ブラジャーのアンダー全体が上がる3つの原因

ブラジャーのアンダー全体が上がる原因は主に以下の3つが考えられます。

ブラジャーのアンダーサイズが大きい

ブラジャーのアンダーサイズが大きい場合、ブラジャーの位置を安定させる力が弱いためずり上がりやすくなります。

ホックの位置を変えてもずり上がる場合は完全にサイズミス(痩せたことによりアンダーが大きくなったということもあります)。 ワンランク小さいアンダーサイズを選びましょう。

また、長年使用したブラジャーで、伸縮性が衰え伸びた状態になっているものはずり上がりやすくなります。 さらに、ブラジャーのベルト幅が細いタイプは、安定感が劣るためずり上がりやすくベルトも伸びやすくなります。

ストラップの調整がきつい

ストラップの調整がきつい(短く調整している)場合も、腕や肩を動かすことでブラジャー全体が上へと引っ張られるため、ずれが生じます。

ストラップの調整は、肩とストラップの間に指1本がスッと入るくらいに調節するのが基本。

ブラジャーを正しい位置で固定させる役割は、ほとんどがベルトで担っているため、ストラップをきつく調整する必要はありません。ストラップが落ちない程度で十分です。 ストラップをきつくすると、体への負担が大きくなるため正しく調整しましょう。

ワイヤーがバージスラインにフィットしていない

ブラジャーのワイヤーがきちんとバージスラインにフィットしていない場合も、体の動きと共にブラジャーのずれが生じやすくなります。

バージスラインよりもワイヤーが大きい場合は、体が動くことでブラジャー全体にねじれが生じ、ずれやすくなってしまいます。

また、バージスラインよりもワイヤーが小さい場合は、バスト全体がカップ内に収まっていないため、腕を上げるとブラジャー全体が上がりやすくなります。

アンダーが上がらないブラジャーの選び方と対策

購入時は必ず試着をする

新しいブラジャーを購入する際は、必ず試着をおすすめします。 試着時はブラジャーのサイズ合わせだけでなく、腕の上げ下ろしや体をねじるなどして、ブラジャーがずれないか確認しましょう。

適度なフィット感が必要

アンダーが上がるほとんどの原因は、ブラジャーのアンダーサイズが大きいことです。

苦しいのが苦手で緩めのブラジャーを選ぶ人もいると思いますが、ブラジャーのアンダーから続くベルトは、バストを支え安定させる役割を果たさなければなりません。 そのため、ある程度の圧力(フィット感)は必要なのです。

ゆるゆるでは、ブラジャーの中でバストが揺れたり動いたりするため、ブラジャーの役割が果たせません。 緩めのブラジャーを着け慣れている人はフィットする感覚が苦手かもしれませんが、ブラジャーの機能が果たせるだけのジャストフィット感を体に覚えさせましょう。

ジャストフィット感とは、苦しくない程度の心地よい圧迫感です(アンダーに指2本が入る余裕は必要)。

体型や肉質に合ったブラジャーを選ぶ

ブラジャーのアンダーがずれ上がりやすい人は、バストが比較的小さい女性やバストが大きくても肉質が柔らかいタイプの女性が多い傾向です。

バストが小さい場合は、ブラジャーカップの中に入れるバストの容量が少なく重みがないため(上にずれることへの抵抗力が少ない)、腕を上げることでブラジャーがずれ上がります。 また、肉質の柔らかい人は、ブラジャー着用時にカップの中に脇肉を集めて収めていても流れやすいため、時間が経過するとカップに隙間ができ、ブラジャー全体がずれやすくなります。

このようなタイプの女性は、安定感を重視したブラジャー選びをおすすめします。 ブラジャーの安定感は、ベルトの幅やストラップの幅、素材の伸縮性などで左右されます。

特にベルトは幅が広く、しっかり脇でバストを支えるタイプのブラジャーをおすすめします。 アンダーベルト(ワイヤー下の部分、ワイヤーなしの場合はカップ下の部分、土台ともいう)も幅があるものなら、さらに安定感が増しずれ上がりを防止します。

若い世代の女性のバストが危ない!

近年、10〜20代の若い世代でもバストの下垂や崩れに悩む女性が増加しているという現実をご存じでしょうか?

私はまだ若いしバストが小さいから、垂れたり崩れたりしない…」と、安心している人が多いかもしれませんが、バストは若さや大きさに関わらず気を付けなければ崩れていきます。 その大きな原因が生活習慣です。

ブラトップと呼ばれるカップ付きタンクトップやキャミソールなどは、楽な着用感で値段も手ごろなことから人気の商品になっていますが、これが女性のバストにとって良くない結果を招いてしまいます。 ブラトップは、楽がゆえにバストをサポートする力がありません。

そのため、クーパー靭帯に直接負担がかかり、若い女性でもバストの下垂や崩れが早まってしまうのです。 さらに、スマホやタブレットを長時間使用するなど、姿勢の悪さもバストの崩れに影響します。

また、ブラトップなどを愛用している女性は楽なことに慣れてしまい、ブラジャーを着用しなければならないシーンでも緩いブラジャーを選びがちになってしまいます。 緩いブラジャーではブラジャーとしての機能が十分に発揮されないため、バストの崩れは抑制できません。

あなたは自分自身でバストの危機を招いてはいないでしょうか? 心当たりのある人は、生活習慣の改善を是非おすすめします。

ブラジャーのアンダーがずれ上がりやすい人におすすめのブラジャー

苦しいブラが苦手な人におすすめは脇肉ブラレット

とにかく苦しいブラは苦手、ワイヤブラーも苦手という女性におすすめのブラがラディアンヌの脇肉ブラレットです。

ノンワイヤー・ノーパットでソフトな軽い着け心地になのに、バストをしっかり寄せて安定感が抜群!

ナチュラルなバストラインを演出し、脇高のワイドベルトでずれ上がりを防ぎます。 補正ブラは初めてという人にもおすすめのブラジャーです。

肉質が柔らかい人におすすめは脇肉カップインブラ

肉質が柔らかく、普通のブラジャーではベルトの食い込みが目立つ、脇肉を寄せてもすぐに元に流れてしまうという人におすすめなのが、ラディアンヌの脇肉カップインブラ

直径の大きなワイヤーとサイドボーンによって、脇肉をしっかりキャッチして逃しません。 さらに、脇高ベルトで背中もスッキリ。 身も心も引き締まった思いで、新しいファッションにチャレンジしてはいかがでしょうか。

最後に

近年の傾向として、「楽々○○」「誰でもすぐに」といった、誰でもすぐに簡単に実現可能であることを強調した商品が増えています。

確かに、難しい物よりシンプルな物の方が使いやすくて便利ですが、ブラジャーに関しては、緩ブラを含め楽過ぎるのは困りもの。 必ず楽の裏返し(弊害)があるからです。

本当にご自分のバストを大切にしたいなら、正しくサイズを測り、正しいブラジャーを選び、正しく着用することをおすすめします。

この記事を書いた人

ラディアンヌスタッフ 相澤
ラディアンヌスタッフの相澤です。
私がこれまでラディアンヌをはじめ、下着業界でのお仕事で経験してきた下着やバストの知識や情報をみなさまにお届けしたいと思います。