ダイエットしながらバストアップに効果のある成分

ダイエットしながらバストアップに効果のある成分

こんにちは!

ロンドンでパーソナルトレーナーとして活動しているSay!Taroこと、高木清太郎です!ラディアンヌの専属ライターとして記事を執筆しています。

ラディアンヌはバストアップブラや補正下着で女性の美しさをサポートしていますね。 一方で僕は、体のメカニズムやトレーニング方法をお話することで、みなさまのをサポートしていきたいと熱く想っています!

前回の記事(ダイエットしながらバストアップするための基本的な栄養素)では、ダイエットとバストアップの為の基本的な栄養素について解説しました。 今回は、より深掘りして、脂肪燃焼やバストアップに効果のある幾つかの成分を紹介したいと思います。

基本的な栄養素の摂取に加え、これらの栄養素を補給する事でダイエットやバストアップに役立つでしょう。

豆に含まれる大豆イソフラボン

大豆イソフラボンと呼ばれる成分は、分子の構成がエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンと非常にそっくりである為、体内で女性ホルモンと似た働きをする事が分かっています。大豆イソフラボンは植物性女性ホルモンと呼ばれる事もある程で、ダイエットやバストアップ、美容に大きな効果をもたらします。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じ様に、バストアップに直接的に働きかける為、非常に有効です。 バストは乳腺と脂質から成り立っていますが、乳腺の細胞分裂を促し、乳腺の増加に大きな効果があるからです。 乳腺の量が増える事で、バストは大きく成長しやすくなります。

また、乳腺の割合の多いバストは、ハリや弾力が高まります。 垂れ乳の防止やバストダウン防止は勿論、ピチピチのバストや揺れても形の崩れないバストの入手にも繋がるでしょう。

バストの乳腺の割合は、授乳時に自然と高まるのですが、大豆イソフラボンの摂取によって乳腺の細胞 分裂を促せれば、出産や授乳時の様にバストのハリと膨張感を味わえるはずですよ!

大豆イソフラボンの摂取は、ただバストを大きくするだけでなく、バストの弾力性のアップや、バストの質を改善にも役立ちます。

女子短大生242人を対象にした調査では、大豆イソフラボンの摂取が、生理前の眠気、下腹部痛や腰痛、 乳房のハリ、イライラなどが大幅に軽減したことを証明しています。特に頭痛には大きな効果を示し、 精神症状である不安感の減少も確認されています。 月経前症候群に及ぼす大豆イソフラボンの影響、石渡尚子・上杉宰世・上原万里子、跡見学園女子大学短期大学部家政科・東京農業大学応用生物科学部Link

オレゴン大学での研究結果を示す論文でも、大豆イソフラボンが女性の更年期障害の軽減やコレステロール値の低下に効果がある事を語っています。 乳がんや骨粗鬆症などのリスクの減少も示唆されています。
大豆イソフラボン、オレゴン州立大学ライナスポーリング研究所、Link

女性ホルモン分泌の為の栄養素

女性ホルモンの原型になるコレステロール

女性ホルモンがバストアップやアンチエイジング、その他様々な美容に効果がある事はご存じのはずです。 では、どの栄養素から女性ホルモンが合成され、どの栄養素がその分泌を補助してくれるかはご存知でしょうか?

驚きかもしれませんが、女性ホルモンと成長ホルモンの原型になる栄養素は主にコレステロールなのです。 そしてビタミンやミネラル、良質な脂質がコレステロールからホルモンを合成する作用を促します。

ニューハーフがバストを大きくさせる為に、女性ホルモンを注射する事からも分かるように、女性ホルモンの分泌量の増加はバストアップに非常に有効です。 男性には女性ホルモンを体内で作り出す機能がありませんが、女性は栄養素の補給と良質な睡眠や運動で、女性ホルモンの分泌量を飛躍的に高める事が可能です!

女性ホルモンの作用は本当にパワフルですので、可能な限り、分泌量を高める様に工夫する事がダイエットとバストアップの成功を促します。

女性ホルモンの摂取によって、男性だった人間のバストが大きく成長するのです。 女性のあなたは努力をすれば、年齢関係なく、確実にバストアップを期待できるでしょう!

コレステロールとホルモン分泌の関係性

女性ホルモンの分泌量は年齢と共に低下します。 一方で、コレステロール値は60代まで、直線的に上昇する事が、大宮共立病院臨床検査科の蓑部恵里研究委員らの論文でも明らかにされています。
10回以上経年受診者の検査値の変化について―総コレステロール値の変化―、蓑部恵里、大宮共立病院臨床検査科Link

コレステロールから合成される成長ホルモンや女性ホルモンを量が年齢と共に減少するので、ホルモンが低下してコレステロール値が上昇するのです。

コレステロールは、成長ホルモンや女性ホルモンの原型になる栄養素ですので、ダイエットやバストアップには必要不可欠です! 「コレステロールの摂取は控えるべき」と勘違いされがちですが、脂肪の燃焼やバストアップに取り組む際には、欠かさずに摂取するよう心掛けてください。

コレステロールの摂取が身体を害するのではなく、コレステロールを女性ホルモンへの変換率が低下する事によって、悪玉コレステロールが蓄積されることが血圧の上昇などに繋がり、生活習慣病の原因になりかねないのです。

コレステロールから女性ホルモンや成長ホルモンを作り出すには、ストレスを減らし、筋肉に刺激を与え、適度な運動と取り入れる事がポイントです。 バストアップの為の筋トレやエクササイズに加え、有酸素運動を取り入れながらコレステロールの摂取をお勧めします! コレステロールを多く摂取しても、有酸素運動によって、血管の柔軟性が高まれば、動脈硬化や高血圧による生活習慣病のリスクは大幅に軽減できるからです。

ご存知の通り、有酸素運動は脂肪の燃焼にも抜群の効果を示しますよ。 高コレステロールの食生活に慣れてくると、コレステロールを身体が処理できるようになるので、ホルモン分泌量が高まる効果も期待できるでしょう。

成長ホルモンの為の栄養素

しっかりとタンパク質を摂取する事が基本!

成長ホルモンも食事によって摂取された栄養素を元に、肝臓で合成されます。

成長ホルモンの原型になる栄養素を、意識的に摂取する事で、成長ホルモンの分泌量を高められます。 成長ホルモンは、191種類のアミノ酸やコレステロールなどから成り立っています。

成長ホルモンの合成にも、女性ホルモンと同様に、コレステロールの摂取は欠かせません。 そして、非常に多くの種類のアミノ酸が成長ホルモンの合成に使われますが、その殆ど体内でタンパク質を分解して作り出すことのできる非必須アミノ酸ですので、心配は不要です。 しっかりとタンパク質の摂取を心掛けていれば成長ホルモンの合成を促せます。

必須アミノ酸と呼ばれる、身体では作り出す事のできないアミノ酸は食事やサプリメントなどから補うよう心掛けましょう。成長ホルモンの合成に必要な必須アミノ酸の量は多くないので、少量でも異なる種類の食品から異なる栄養素や必須アミノ酸を摂取すると良いですよ。

アルギニンとオルニチン

アミノ酸の1種であるアルギニンオルニチンの摂取は成長ホルモンの分泌を促します。 アルギニンは肉類や豆類、牛乳、玄米などに含まれています。 細胞の増殖を促す働きもあるので、免疫力の向上にもプラスに働きます。

ちなみに、人間は食事によって食べ物からこのアルギニンを体内で合成する事が可能ですが、猫や犬、魚などの多くの動物は、体内でアルギニンを合成する事はできません。 オルニチンはシジミや枝豆に含まれている成分で、成長ホルモンの分泌を推進する事が、久留米大学医学部外科学講座小児外科部門の浅桐公男准教授の論文でも明らかにされています。 オルニチン、浅桐 公男、久留米大学医学部外科学講座小児外科部門Link

アルギニンとオルニチンはどちらも体内で似た働きする特徴があり、成長ホルモンの分泌を促すので、ダイエットやバストアップに有効です。

亜鉛

通常、私たち人間が摂取するミネラルはカルシウムやマグネシウムなどの7種類です。 しかし、それ以外にも様々な種類のミネラルが存在します。微量ミネラルとも呼ばれ、少量の摂取が推薦されるミネラルが更に9種類存在します。亜鉛は、少量ミネラルの代表格で、ダイエットとバストアップの強力なサポートをしてくれます。

亜鉛はタンパク質の代謝を補助する役割がある為、筋肉の合成を補助する事で、バストダウン防止とバストアップに効き目があります。 筋肉量増加による基礎代謝改善で、ダイエットにもプラスに働きます。

また、亜鉛は体内の細胞に、細胞分裂を促す特徴があるので、全身の細胞の活性化や新陳代謝に効果があります。 新陳代謝による、細胞の入れ替わりは美肌効果やアンチエイジング効果は勿論、バストダウン防止にも効果を期待できるでしょう。 バスト周辺の細胞がフレッシュに生まれ変われば、バストの外側を引っ張る皮膚の弾力性アップにより、バストが垂れにくくなるからです。

また、バスト内の細胞の量が増え、密度が高まる事で、バストアップも狙えるでしょう。 体内には100を超える酵素が存在しているのですが、亜鉛は酵素の合成やメンテナンスにも使用されます。 亜鉛を摂取する事によって、体内の酵素の働きを高める事で、栄養素の消化や吸収を始め、様々な身体の機能が改善される効果もありますよ。

神経細胞の伝達機能の改善にも良いので、記憶力の改善やうつ病にも良い効果がありますよ。 亜鉛は、「セックス・ミネラル」と呼ばれることもあり、性機能の改善や発達にも深いかかわりがある事が東京大学医学部講師でもある荒川泰昭博士の論文でも発表されています。
亜鉛と生殖(<特集>ビタミン・ミネラルと生殖【II】)、荒川泰昭、東京大学医学部Link

性機能の改善や発達により、女性的魅力が高まれば女性としての幸せを掴むチャンスが増えるでしょう。

また、それに伴い女性ホルモンや成長ホルモンの分泌量増加によって脂肪の燃焼率が向上したり、バストアップが起こりやすくなったりなどの良いサイクルに入れてくれるかもしれませんよ!

DNAに必要な核酸

体内でDNAの合成を促せれば、より多くの細胞分裂が起こり易くなり、様々な恩恵を受けられます。

DNAは、アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)の4種類の核酸で構成されていて 、その組み合わせで私たちの身体が出来上がっています。 これらの核酸も食事によって摂取された栄養素から合成されます。

核酸は魚介類や豆類に多く含まれる成分ですが、体内でDNAの為に合成される4種類の核酸は、さらに細かな成分から成り立っています。 魚介類や豆類から核酸を摂取すると同時に、核酸の合成に使用される栄養素や成分も摂取すると良いでしょう!

例えば、核酸であるアデニンはグリシン、アスパラギン酸、葉酸、グルタミン酸などから成り立っています。 これらの成分をしっかりと摂取する事が体内で、DNAの合成を促し、細胞分裂を促進します。 ビタミンB群の一種である葉酸は、食事を厳かにすると不足しがちな栄養素です。

葉酸が不足すると、細胞分裂が必要な際に、核酸が構成されにくくなり、身体の成長が妨害されてしまいます。 もし妊婦さんが長期的に葉酸不足の状態でいると、核酸の合成が上手くいかずに、細胞分裂が活性化しないので、奇形児が生まれるリスクが高まってしまいます。

しっかりとバランスの良い食事を取っていれば、核酸が不足する事はあまり起こりません。 人間が口にする動物や植物も核酸をベースに構成されている為です。

ただ、細胞分裂が起これば、筋肉やバストの成長に繋がるので、ダイエットやバストアップに効果を期待できるのです。 細胞分裂が活性化すれば、アンチエイジング効果や新陳代謝の活性化にも成果を感じられるはずです。

コラーゲン

コラーゲンは美肌が美肌に良い事は有名ですが、バストアップにも非常に有効です。 コラーゲンはタンパク質の一種で、人間の体内の蓄えられているタンパク質の約3割を占めています。 コラーゲンを摂取するとバストのハリがますので、垂れ胸予防やバストのシェイプアップを狙いたい方にお勧めです。

そしてコラーゲンには、関節の滑りを改善する事にも大きな効果が確認されています。 膝や足首、腰などの間接に不安がある方でも、筋トレやジョギングなどを不安なく取り組める様にしてくれるので、間接的にダイエットにも役立ちます。

コラーゲンはビタミンCとセットで摂取しよう!

食事によって摂取されたコラーゲンは体内でアミノ酸に分解されて吸収されます。そして体内でコラーゲンに再構築されて全身の細胞や組織に運ばれるのです。 体内でアミノ酸からコラーゲンの再構築する際には、ビタミンCやビタミンAが必要とされます。 その為、コラーゲンを摂取する際は、ビタミンCやビタミンAも一緒に摂取する様心掛ける事がポイントです。

厚生労働省のホームページでも、体内でコラーゲンを構築するには、ビタミンCやビタミンAが欠かせない事が紹介されています。
コラーゲン、e-ヘルスネット、厚生労働省Link

プルンと揺れるみずみずしいバストにはヒアルロン酸

ヒアルロン酸はムコ多糖類と呼ばれ、糖質の一種で、細胞の水分を保持する役割があります。 そして近年、ヒアルロン酸を使用した豊胸術が話題を呼んでいます。 ヒアルロン酸をバストに注射するだけでバストアップに効果があり、メスを入れて手術する必要がないので、豊胸に対するハードルが低下しているのでしょう。

バストの細胞が水分量が高まる事もバストアップに貢献します。 注射をして、豊胸術を行った際程の効果は勿論期待できませんが、口から摂取する事で、バストを含めた全身の細胞に潤いをもたらす事が可能でしょう。

バストの細胞が潤えば、弾力性のある、プルンと揺れるバストに近づけるはずです。 また、ヒアルロン酸の保湿効果は乾燥肌にも効きますよ。

発熱効果により内臓脂肪の燃焼やカロリー消費を引き上げるオメガ3

オメガ3は体脂肪の蓄積を促す脂肪とは違い、脂肪燃焼を促す特徴があります。その為、脂肪の摂取を控える必要はなく、積極的に摂取すべき脂質と言えます。 オメガ3には、エネルギー源から熱を生み出す働きを補助する特徴があります。 発熱には大きなカロリーを消費する為、脂肪の燃焼に効果があるのです。

また、中性脂肪は燃えにくい特徴がありますが、オメガ3の発熱効果によって脂肪の融点に近づくので、 燃焼されやすくなるのです。 更に、オメガ3には血液をサラサラにし、血流も改善させる効果もあります。 栄養素を全身の隅々の細胞に届けられる様になるので、代謝が活発になり、消費カロリーが高まります。

この体内での発熱効果と代謝の向上が、脂肪の燃焼や中性脂肪を減少させる事に繋がります。 このオメガ3の血液サラサラ効果は、動脈硬化などの生活習慣病の予防にも有効です。 うつ病にも効果があるのではないかと、研究が進められています。

DHA&EPAやMTCオイル

DHAとEPA、MTCオイルやココナッツオイル、えごま油などは、オメガ3と同様に、全て良質な脂肪です。 DHAやEPAは、精液や脳内を構成する脂肪酸です。 オメガ3、DHAやEPAは青魚などを食べる事で摂取できますし、サプリメント等を利用する事も可能です 。

えごまと呼ばれる植物から脂質を抽出して製造されるえごま油にもオメガ3が豊富に含まれています。 MTCオイルやココナッツ油は、分子の構造が通常の脂質よりも短い特徴があります。 その為、体内で素早く分解されるので燃焼されやすく、ダイエットに適しているので近年注目されています。

これらの油は、調理の際に使用しても良いですし、サラダやスープなどにかけても結構です。 味や風味など好みの商品を探し出して利用しましょう!!

乳酸菌や腸内フローラ

乳酸菌腸内フローラが腸内環境を整える効果をご存知の方は多いでしょう。 腸内の環境を整える事は、脂肪の燃焼率の上昇によってダイエット効果を高めたり、間接的にバストアップも支えます。

慢性的な下痢や便秘は、ダイエットやバストアップにもマイナスに働きます。 下痢は、腸の働きが低下して、栄養素の吸収が効率良く行われないので、せっかく摂取した成分や栄養素が体外に流出しやすくなってしまいます。 バストや筋肉、ホルモンの元になる栄養素の供給率が低下してしまうでしょう。

また、下痢の際には免疫機能が低下しやすく、身体のコンディショニングの妨げになりかねません。 毎日をエネルギッシュでパワフルに過ごす事が脂肪の燃焼量増加やバストアップに役立ちますので、体調管理の為にも下痢はマイナスに働きます。

反対に便秘の際には、老廃物が腸に溜まった状態になり、腸の働きが鈍ります。 すると栄養素の吸収率が低下するだけでなく、ポッコリとお腹が膨れ上がります。 お腹が内側から圧迫され、太って見える様になりますし、体重も増加します。

下痢や便秘を解消する事は、効率良くダイエットとバストアップを行うためにも重要です。 乳酸菌や腸内フローラの働きにより、下痢や便利を解消させる事はダイエットにプラスの働きをします。

人間の腸の中には1000種類以上、1000兆以上の菌が生息していて、菌の量やバランスを調整する事が整 腸作用に繋がります。 腸の働きは、ストレスにも大きく影響されるので、社会に生きる私たちは、乳酸菌や腸内フローラの働きを意識して生活する事で、効果的なダイエットが可能になるでしょう。

例えば、ビフィズス菌と呼ばれるは善玉菌の腸内菌は、大腸菌やサルモネラ菌などの有害細菌の繁殖を防止する効果があります。 ビフィズス菌が悪玉菌や有害細菌の数を減少させてくれるので、腸の機能が改善され、栄養素の吸収率が高められます。

すると、全身の細胞により多くの栄養素を供給できるようになり、全身の細胞が活性化し、エネルギーの消費量が高まります。 腸の機能が高まる事で、腸内の細胞が活性化する事でも、多くのエネルギーが消費され、基礎代謝の向上にも繋がります。 栄養素を分解して体内で合成する際には、熱が生み出され、この発熱効果は体温の上昇や、更なるエネルギー消費も促します。

ダイエットやバストアップの際には、腸内の働きは軽視されがちです。 しかし、腸内環境を整える事は、栄養素の吸収率を高める為に必要で、効率良く取り組む為には重要な役割を果たします。 摂取した栄養素をしっかりと吸収し、全身の細胞に届ける事が栄養補給の目的です。摂取した栄養素が流出しない様、乳酸菌や腸内フローラに気を使い、毎日生活する事で、賢くダイエットを行えるでしょう!

最後に

今回は、ダイエットやバストアップを助けてくれる細かな栄養素や成分を紹介しました。

バランスの良い食事を基本に、これらの栄養素や成分を意識的に補う事で、ダイエットやバストアップの効率が高まるでしょう!

毎日継続して摂取する為には、難易度の高い成分もありますので、それらはサプリメント等を利用しても良いかもしれませんね!

この記事を書いた人

高木 清太郎
高木 清太郎
ロンドンでパーソナルトレーナーとして活動しているSay!Taroこと、高木清太郎です!ラディアンヌの専属ライターとして記事を執筆しています。

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ 育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ

ラディアンヌでは、妊娠・出産・子育て、ライフステージや加齢によってバストや体型が変化する女性が美しく年齢を重ねていくための育乳ブラや補正下着を通販にて販売しております。「ダサい」「高い」といった補正下着のイメージを払拭し、サイズ交換時にかかる送料を無料とすることで、誰もが気軽に育乳ブラや補正下着を楽しめるお店作りに励んでいます。

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌはこちら

おすすめ育乳ブラ診断

おすすめ育乳ブラ診断 おすすめ育乳ブラ診断

初めての方にオススメの育乳ブラ

初めての方にオススメのブラ 初めての方にオススメのブラ

ラディアンヌのナイトブラ

ラディアンヌのナイトブラ ラディアンヌのナイトブラ

ラディアンヌピックアップアイテム

関連記事

return top