メニュー
ブラジャーの正しく収納方法とたたみ方!型崩れやワイヤーが飛び出すことを防ぐ!

今回はブラジャーの正しいたたみ方と型崩れしにくい収納方法をご紹介し、それによってどんなメリットがあるかを知っていただければと思います。

タンスの引き出しなどにきれいに収納しているつもりのブラジャーが、いつの間にかごちゃごちゃ。 ストラップが絡んで取り出しにも一苦労…なんてことはありませんか?

ブラジャーは、たたみ方や収納の仕方によっても型崩れしたり、ワイヤーが飛び出してくることがあります。 型崩れを防ぎブラジャーを長くきれいな状態を保つためには、たたみ方や収納の仕方がとても大切なのです。

今回はブラジャーの正しいたたみ方と型崩れしにくい収納方法をご紹介し、それによってどんなメリットがあるかを知っていただければと思います。

型崩れしにくいブラジャーのたたみ方

ブラジャーは形が崩れてしまうと、その機能が発揮されません。 そのため、型崩れ=ブラジャーの寿命ということになってしまうのです。

また、間違った収納方法でブラジャーに圧力がかかり、ブラジャーのカップに内蔵しているワイヤーが生地を突き破り、飛び出してしまうこともあります。

お気に入りのブラジャーを長持ちさせるために正しくたたむことを覚えましょう。 ブラジャーのたたみ方は種類によって異なるため、タイプ別のたたみ方を以下にご紹介します。

ワイヤーブラ・カップ入りブラ・モールドカップブラ

カップの形状がしっかりしたブラジャーの場合、たたむというよりもカップの形を維持したまま収納します。

まず、ベルトのホックを留め、カップの裏側にストラップや余ったベルトの脇の部分をカップ内に入れるようにします。 このとき、ストラップやベルトがねじれないように注意してください。

ねじれたままで長時間収納してしまうと、ストラップやベルトにねじれの癖が付いてしまいます。 ワイヤーなしのブラジャーでもモールドカップなど、カップの形状がしっかりしているものは、二つ折りにたたむと片側のカップが潰れ表面にシワができてしまうことがあるため、カップの形状を崩さないように収納しましょう。

ワイヤータイプのノンパテッドタイプなどカップが布地だけのもの

ワイヤーが挿入されていてもカップ自体が布地やレースだけのブラジャーは、二つ折りにたたむことができます。 前中心を二つ折りにして、ベルトやストラップはカップの中へしまい込むようにしてたたみましょう。

しかし、布地やレースのシワが気になる人は、二つ折りにしないで両カップの裏側にストッキングやハンカチなどを丸い形状にして入れ(カップの芯にする)、ブラジャーのカップ布地のシワを伸ばし、二つ折りにしないで立てて収納しましょう。

カップが布地だけのノンワイヤーブラ

ナイトブラ・スポーツブラなどの、カップが伸縮性のある布地だけのノンパット・ノンワイヤーブラジャーは、コンパクトにたたむことが可能です。 前中心を二つ折りにして、さらに二つ折り(縦四つ折り)にして、上部のストラップ部分を裏側にたたみ込んで収納しましょう。

取り出しやすく型崩れしないブラジャーの収納方法

引き出しに収納する方法

ブラジャーは最初きれいに並べて収納していても、出し入れをしているうちに、雑然と混ざってしまいがちです。 そうならないためには、引き出しに直接ブラジャーを収納するのではなく、仕切りケースやボックスを活用して、ブラジャーを分類して収納しましょう。

分類の方法は、ブラジャーのタイプで分類する、色で分類する、普段使用するか否かで分類するなど、自分にとってわかりやすく取り出しやすい方法を選びましょう。 ブラジャー専用のケースでなくても、ブラジャーがスムーズに入る程度の幅のケースやボックスなら何でもOKです。 カップの形が崩れないように、ケースやボックスに立てて並べて収納します。

参考になるブラジャー収納ケース




ブラジャー専用ハンガーで吊るして収納する方法




洗濯にも収納にも便利に使用できるブラジャー専用のハンガーを活用して、クローゼットの開いたスペースに吊るして収納することもできます。 クローゼット内部の片側に、30cm程度の間隔でフックを上下に付けると、省スペースで多くのブラジャーを掛けることができます。

ブラジャー専用ハンガーの優れているところは、カップに合うように立体的につくられていることです。 また、ハンガー下に付いているフックにブラのアンダー部分を挟むことができるため、ストラップに負担をかけることがなく吊るすことができます。

※一般的なハンガーにストラップをかけたり、S字フックに直接ストラップをかけたりして吊るすのは、ストラップに加重がかかり伸びてしまうためおすすめできません。

ブラジャー収納時の注意点

完全に乾燥させて収納

ブラジャーは完全に乾いてから収納しましょう。特にパットは乾きにくいため完全に乾いているか確認が必要です。 湿気のあるものを収納するとカビの発生や、悪臭の原因になります。

カップの変形防止は余裕のある収納で

ブブラジャーはカップが潰れないように詰込み過ぎず、余裕をもたせて収納しましょう。

シルクブラは防虫剤を入れる

ブシルクのブラジャーは紫外線に弱く害虫に食われやすいため、収納する際は直射日光の当たらない場所に防虫剤を入れて収納しましょう。

日常使用しないブラジャーは乾燥剤や備長炭を入れる

ブ日常使用することが少なく、引き出しの奥などに入れっぱなしになるブラジャーは、湿気の吸収を避けるために乾燥剤や備長炭を入れておくと安心です。

ブ※備長炭は除湿効果の他に消臭効果もあるためおすすめですが、使用の際はブラジャーに炭が付着しないように、不織布の袋などに入れて引き出しの奥に入れることをおすすめします。

ブラジャーを正しくきれいに収納するとこんなメリットが!

着けたいブラがすぐ見つかる

ブ忙しい朝の時間など、洋服に合わせて着けたいブラジャーが一目でわかり、さっと取り出すことができて便利です。 スムーズに朝の支度ができれば時間的にも余裕ができ、気持ち良く1日のスタートが切れるでしょう。

ブラジャーが長持ちする

ブ正しく収納することで、ブラジャーの型崩れを防ぎ長持ちさせることができます。 お気に入りのブラジャーを長くきれいな状態に保てることで、ブラジャーを購入するサイクルが長くなり節約にもつながるでしょう。

整理整頓上手になり快適生活が送れる

ブ身の回りの物がきれいに整理整頓されているのは心地いいものです。

ブ整理整頓の心地よさを知ることで、ブラジャーに限らず身の回りの全ての物に対しても整理整頓を心がけるようになるでしょう。 整理整頓をすることで得られるメリットは数多くありますが、最も大きなメリットはストレスのない快適な生活を送れることです。

ブ近年のブラジャーはメーカーの努力によって、以前のブラジャーと比較して型崩れがしにくく丈夫につくられたものが多くなっていますが、それでもやはりデリケートなバストをサポートするために、微妙な型崩れでも防止したいものです。 既に正しい収納方法を実行されている人も多いと思いますが、今一度ブラジャーのたたみ方・収納方法は万全か是非、チェックしてみてください。

ブあなたの工夫次第で、もっと取り出しやすく見た目にもきれいな収納方法が見つかるかもしれません。 お気に入りのブラジャーのために、そしてあなたのバストのため、快適な生活のためにも正しくたたんで正しく収納することをおすすめします。

この記事を書いた人

ラディアンヌスタッフ 相澤
ラディアンヌスタッフの相澤です。
私がこれまでラディアンヌをはじめ、下着業界でのお仕事で経験してきた下着やバストの知識や情報をみなさまにお届けしたいと思います。