メニュー
下からはく?ナイトブラの正しい着け方

ナイトブラは寝ている間のバストを守り育乳に効果があることで、現在は多くの女性に支持され着用が広がっていますが、ナイトブラの正しい着け方はご存じでしょうか?

せっかくナイトブラを着用しても、サイズが合っていない場合や間違った着け方をしている場合は、効果が得られないばかりかバストを崩す原因にもなってしまいます。

今回は、ナイトブラの正しい着け方を解説します。

ナイトブラは正しく着けないと効果はない!

長期間ナイトブラを着用しているが、全く効果を感じられない

ナイトブラを着用してから、バストの形が崩れたような感じがする

バストアップを望んでいるのに、反対にバストが小さくなった

ナイトブラを着用中の人で、このような疑問を感じている人はいないでしょうか?

もしあなたがそうなら、ナイトブラのサイズが自分のバストに合っていないか、間違った着け方をしている可能性があります。 今一度、サイズの確認とともに、正しい着け方を覚えましょう。

ナイトブラを正しく着けるためにも、まずナイトブラの目的から確認しておきましょう。 ナイトブラの大切な目的は以下の3点です。

  1. 寝ている間の動きからクーパー靭帯を保護する
  2. 寝ている間にもかかる重力でバストが流れないようにバストを両サイドから支える
  3. 流れて脇肉となったバストの肉をカップ内に収め定着させる

ナイトブラは、この3つの目的に合った着け方をしなければ効果は期待できません。

例えば、1の目的を果たすには、就寝中にバストが揺れたり動いたりしないようにバスト全体をしっかりカップ内に収めることが大切です。 2の場合は、ほとんどのナイトブラにバストの横流れを防止するパーツが付いていますが、そのパーツが正しい位置に装着できていなければ効果が半減します。 さらに、ナイトブラにバストアップ効果を期待するなら、3は特に大切です。 カップの中に脇肉ごとしっかり収める必要があります。

ナイトブラの正しい着け方

ナイトブラはほとんどのものが筒状になって、ホックが付いていません。 そのため、着用する際は頭から被るか足からはくことになってしまいます。 このとき、足からはくのが正しい着け方です。

頭から被ってしまうと、背中やデコルテ周辺の肉、バストまでが下方向へ押さえ付けられることになります。 そしてそのまま寝てしまうことで、ナイトブラがバストの肉を下方向に向いたまま固定され、バストの形を崩す原因にもなりかねません。

一方、下からはくことによって、アンダー部分の肉やバストが上方向に持ち上がります。 バストの崩れや下垂を防ぐためにも、ナイトブラは必ず下からはくことを覚えてください。

そしてもう一つ大切なのが、ショルダー部分に腕を通して肩の位置に置いたら、ショルダー部分を持ち上げ、反対の手でしっかりカップ内に脇肉やアンダー部分の肉を収めることです。 このときは、普通のブラジャーを着けるときのように前屈みになって行うと脇肉が収まりやすくなります。

ナイトブラの正しい着け方の手順

1.頭からではなく足から履きます。

頭からではなく足から履きます。

頭からではなく足から履くことで、周辺のお肉や脇肉を含めてバストが上方向に持ち上がりやすくなります。反対に頭から着用するとバストは下方向に固定されやすく、バストの形を崩しかねません。

2.パッドを斜め下にフィットさせます。

パッドを斜め下にフィットさせます。

少し前屈みになり、パッドをバストの斜め下にフィットさせながら、肩紐に腕を通していきます。パッドがバストの斜め下にフィットすることでバストはうわっと持ち上がり、バストの下垂予防にも役立ちます。

3.背中・脇からお肉を寄せ集めます。

背中・脇からお肉を寄せ集めます。

背中から脇、バストへとマッサージするようにお肉をかき集めます。はじめのうちは寄せ集めたお肉もすぐに逃げてしまうかもしれませんが、継続していくことでお肉はバストに集まりやすくなります。

4.アンダーを下げてバランスを整えます。

アンダーを下げてバランスを整えます。

最後に鏡を見ながら、アンダーを下げて全体のバランス、位置を整えます。ナイトブラは伸縮性があるためずり上がりやすく、アンダーを下げてもすぐにずり上がる場合はサイズアップを検討してください。

ナイトブラを正しく着用して、こんなバストの悩みを解消!

バストが大きいので下垂が気になる

大きなバストの持ち主ほど、バストの下垂は気になるものです。 ナイトブラは就寝中も大きいバストをしっかりホールドして下垂を防止します。 ナイトブラと補正力の優れた日中用ブラジャーで24時間バストを崩れや下垂から守りましょう。

離れたバストを何とかしたい

元々バストが離れぎみだったけれど、益々離れてきたようで気になる」という人は、ナイトブラは必需品です。 ナイトブラを着けずに寝ることが、離れバストになる原因の一つでもあるためです。 バストがこれ以上離れないようにするためにも、1日も早くナイトブラの着用をおすすめします。 また、離れてしまったバストも、元はバストの肉だった脇肉ごとしっかりカップに収めて就寝中にキープすることで、徐々に元のバストを取り戻すことができます。

きれいな谷間をつくりたい

バストにボリュームがないため谷間ができない」というお悩みも、ナイトブラの着用を続けることできれいな谷間をつくることができます。 バスト周囲(背中・脇・アンダー部分)の脂肪をしっかり集めてキープすることで、バストの位置に脂肪が定着していき、きれいな谷間が実現します。 実際にナイトブラを着用するようになって、谷間ができたという女性の声も多数です。

貧乳なのでバストアップしたい

私は貧乳だからナイトブラなんて必要ない…」と思っているのなら、それは間違いです。 貧乳の人は、ノーブラで寝ると益々貧乳になっていきます。

例え貧乳さんでも、起きているときはバストに膨らみがあるはずです。 寝ているときのバストの状態はどうなっているでしょうか? 仰向けに寝ると、バストの膨らみが消え、胸全体が平らになっていませんか?横向きに寝たときは、小さなバストでも片側に流れているはずです。 これはバストの肉が周囲に流れていることなので、益々バストの肉がなくなってしまいます。

また、うつ伏せで寝てしまうとバストに上半身の体重がかかり押し潰されてしまうでしょう。 これによって流れた肉をさらに上からプレスするような状態になってしまうのです。

このように、貧乳さんでもノーブラで寝ることはバストにとって大変危険なことなのです。 貧乳さんもナイトブラの着用を継続することで、バストの周囲の肉をカップに寄せ集め、キープし定着させることによってバストアップが期待できます。

ナイトブラも正しいサイズ選びが重要!

ナイトブラも日中用のブラジャーと同じで、どんなに正しく着用してもサイズが合っていなければ効果を得ることができません。 ナイトブラは、一般的にS・M・L・・・といったサイズ展開のため、自分にぴったりのナイトブラ選びは難しいと思うかもしれませんが、日中用ブラジャーと同じようにアンダーバストとトップバストを正確に測り、サイズ表を見て選びましょう。

正しいサイズを選び、正しい着け方で着用しさえすれば、あなたのバストはもう安心です。 さまざまなバストの悩みも、時間とともに解消されて、鏡で自分を見るのが楽しくなってくるかもしれません。

しかし、ナイトブラの効果が実感できるまでの期間は個人差があります。 早く効果を出したい人は、日中用のブラジャーの見直しや、育乳生活(バストアップに有効な食事や運動・マッサージなど)を送ることをおすすめします!

この記事を書いた人

ラディアンヌスタッフ 相澤
ラディアンヌスタッフの相澤です。
私がこれまでラディアンヌをはじめ、下着業界でのお仕事で経験してきた下着やバストの知識や情報をみなさまにお届けしたいと思います。