メニュー
育乳ブラは30代・40代にこそ効果が実感しやすい

30代・40代にこそ効果が実感しやすい育乳ブラ。バストのエイジングを遅らせて、若かりし頃のような美しいバストスタイルへ育乳しよう。

30代・40代が育乳ブラで効果がでやすい理由

育乳ブラは30代・40代にこそ効果が実感しやすいです。なぜなら、30代・40代の女性はバストのエイジングが進んでいるからです。

バストのエイジングとは

バストのエイジングとは、バストの老化です。お肌のエイジングがあるようにバストにもエイジングがあります。自分の母や祖母のバストと比べてみるとおわかりかと思いますが、バストはどのような状態を経てエイジングしていくのでしょうか。

デコルテが削げる

バスト上部、デコルテ部分から脇部分のボリュームが削げたように失くなるイラスト

まずはバストの上部、デコルテ部分から脇部分のボリュームが削げたように失くなっていきます。

乳頭が下を向き

バストとアンダーの境目、バージスラインが失くなってバストがたわみ、乳頭が下を向いているイラスト

次に、バストとアンダーの境目、バージスラインが失くなってバストがたわみ、乳頭が下を向き始めます。

が垂れ下がる

バストのハリも失くなり、たわんだバストが外に流れて、バスト自体が垂れ下がってしまったイラスト

そして、バストのハリも失くなり、たわんだバストが外に流れて、バスト自体が垂れ下がってしまいます。

バストは加齢とともにエイジングが進んでいきます。30代・40代になるとバストのエイジングは顕著ですが、早い人では20代でバストが垂れ下がっている人もいます。

このように、エイジングが進んでいるバストにこそ、育乳ブラは本領を発揮しやすいのです。

育乳ブラはバストの形を整えて美しいバストへ育てていく

それではなぜ、30代・40代の女性、バストのエイジングが進んだ女性にこそ育乳ブラが合うのでしょうか。それは、育乳ブラがバストの形を整えて美しいバストへ育てていく効果が期待できるからです。

育乳ブラはバストボリュームを増やすわけではない

よく誤解されている方が多いようですが、育乳ブラはバストボリュームを増やすわけではありません。

バストの90%は脂肪でできています。育乳ブラを着け続けたからといって、バストの脂肪を増やしてバストのボリュームがアップしてバストアップするわけではありません。

バストアップの仕組みは、女性ホルモンが活性し、バストの乳腺が発達することでそれを守ろうと乳腺の周りに脂肪がつくことでバストアップするのです。

結果としてバストアップする

育乳ブラがバストの形を整えて美しいバストへ育てていく効果を期待できます。

ハリを失い、垂れ下がってしまったバストも形を整えてあげることで見違えるほど美しいバストになり、結果として谷間ができてり、デコルテにボリュームができたり、バストアップしたように見えるのです。

つまり、育乳ブラは、バストの形を整えて美しいバストへ育てていくため、30代・40代の女性、バストのエイジングが進んだ女性のバストにこそ、その効果が実感しやすいのです。

育乳ブラの機能

女性のバストは加齢の他にも出産や授乳などによってバストが大きく変化してしまいます。若い頃のバストはハリがあってツンと上向きに突っ張っていますが、バストは徐々にハリを失い、垂れ下がり、脇に流れてしまいます。

そういったバストにこそ育乳ブラを着けるべきなのです。それでは、育乳ブラには一般的なブラジャーと比較して機能面でどのような違いがあるのでしょうか?

カップ

育乳ブラと普通のブラにおけるカップの違い

こちらの写真の赤色で囲んだ点線を見ると、一般的なブラジャーでは、カップからバストがぶっくらはみ出しているのが確認できます。

若い頃のハリ、弾力性があるバストなら、このようなカップからのはみ出しはそこまで気になりません。しかし、出産や授乳、加齢によって柔らく、ハリのなくなって垂れてきたバストになってくると、ブラジャーのカップからのバストのはみ出しによってバストのお肉が脇に流れてしまい、バストボリュームが奪われてしまいます。

まだハリのあるバストだからと油断するのは禁物です。こういったはみ出しが徐々に癖付くことで、同年代より早くバスト加齢が進んでしまう恐れがあります。

一方で、育乳ブラの場合、脇近くまでカップが伸びているのが確認できます。

育乳ブラのカップは、バストとアンダーの境目、バージスラインに長く沿うように、一般的な普通のブラよりもカップの円周が長くなっています。

これによって、バストのお肉を逃すことがないのでバストの形を整えていくことができます。また、脇などのバスト付近の皮下脂肪までもカップに収めることによってバストアップが期待できます。

アンダーベルト

育乳ブラと普通のブラにおけるアンダーベルトの違い

こちらの写真の赤色で囲んだ点線を見ると、一般的なブラジャーでは、アンダーベルトの締め付けにより脇や背中、腰のお肉がぷっくらはみ出しているのが確認できます。

女性は加齢により基礎代謝の低下とともに、食べる量が変わらなくても、皮下脂肪が増えていく傾向にあります。若い頃のシャープな体型から、おばさんになるとまん丸とした体型になってしまうのです。

今まではこのようなはみ出した贅肉がなかったとしても、ブラジャーのアンダーベルトの締め付けにより、気づけばいのまにかぷっくら贅肉がはみ出しているという方が多いようです。

一方で、育乳ブラでは一般的なブラジャーと比較して3~4倍ほどアンダーベルトが幅広になっていることが確認できます。

幅が広くなっているアンダーベルトは抑える面積が広いので、皮下脂肪がはみ出すことなく抑えることができるため、すっきりとした上半身のスタイルがつくれます。また、脇の部分の贅肉、通称、脇肉はカップに入れ込むことができるためバストアップが望めます。

肩ひも

育乳ブラと普通のブラにおける肩ひもの違い

こちらの写真を見ると、一般的なブラジャーと育乳ブラとでは肩紐の長さに違いがあるのが確認できます。

一般的なブラジャーでは肩紐が長く、持ち上げる力も弱いため、重力に逆らえないバストはどんどん下垂していきます。若い頃はツンと上向きだったバストも徐々に下を向き始め、カップサイズは変わらなくてもバストに高さがなくなるため、洋服を着用したときに綺麗なバストラインが出なくなります。

また、下を向き垂れ下がったバストは徐々に左右に、脇に流れていき、バストのお肉は脇付近の皮下脂肪となっていくことでバストボリュームが失くなっていきます。

一方で、育乳ブラでは一般的なブラジャーと比較して短いことが確認できます。

ラディアンヌを育乳ブラを初めてご着用されたお客様はまずこの肩紐の短さに驚かれます。窮屈に感じられるかもしれませんが、それは本来あるべき位置よりも下に下がった位置までバストが下垂している証拠かもしれません。

育乳ブラの短い肩紐は、バージスラインの広いカップで持ち上げたバストを高い位置、鎖骨とバストトップで正三角形が描ける位置でバストをキープすることができます。

このように、育乳ブラは一般的なブラジャーと異なる機能を有しているため、バストの形を整えて美しいバストへ育てていく効果を期待できるのです。

育乳ブラを着けてみた

育乳ブラの効果については、実際に着けてみることが一番わかりやすいでしょう。今回は、育乳ブラ専門店ラディアンヌのスタッフが育乳ブラ着けてみました。

一般的な普通のブラジャーを着用

一般的な普通のブラジャーを着用した写真

まずは、一般的な普通のブラジャーを着用した写真です。1度の出産を経験しているため、バストは少し下を向いています。若い頃と比較してデコルテのボリュームもなくなっています。カップサイズはB〜Cカップです。

育乳ブラを着用

育乳ブラを着用した写真

次に、育乳ブラを着用した写真です。こちらの写真を見ると、下を向いていたバストは真正面を向いています。そのためか、お椀型のふっくらとしたバストが出来上がっています。くっきりと谷間のラインあり、デコルテにもボリュームができました。

さらに、こちらの育乳ブラはフロントホックで谷間を調節できる機能があるリフトアップ美胸ブラという育乳ブラなのですが、フロントホックのおかげでバストが中心に寄っているので、鎖骨中心とバストトップで正三角形を描くことのできる黄金のバスト比率が完成しています。

育乳ブラで黄金のバスト比率が完成した写真

このように、育乳ブラを着けることでバストの形を整えて美しいバストへ育てていくことができます。ブラジャーを変えるだけで、バストの形を整えてあげるだけで、同じバストでもここまで見違えるのです。

30代・40代におすすめの育乳ブラ

バストのエイジングが進んだ30代・40代には一般的な普通のブラジャーよりも、補正効果のある育乳ブラジャーが最適です。しかし、育乳ブラといっても様々なタイプがあります。今回はは手前味噌ではありますが、育乳ブラ専門店ラディアンヌの育乳ブラをいつくかご紹介させて頂きます。

Cカップ以下、バストも垂れ萎んでいる方におすすめ

Cカップ以下、バストも垂れ萎んでいる方におすすめ、リフトアップ美胸ブラ

リフトアップ美胸ブラ

Cカップ以下でバストのボリューム不足にお悩みの方や、加齢や産後でバストが垂れ萎んでしまった方(この場合はDカップくらいでも大丈夫)におすすめの育乳ブラです。

バストの下垂や、脇肉や背中の脂肪が気になり始めた方におすすめ

バストの下垂や、脇肉や背中の脂肪が気になり始めた方にオススメの育乳ブラ、リフトアップスウィートヴァージン

リフトアップスウィートヴァージン

花柄レースが可愛い、初めての方でも試しやすい、着けたくなる育乳ブラ!バストの下垂や、脇肉や背中の脂肪が気になり始めた方におすすめの育乳ブラです。

バストボリュームよりもバストの形を整えたい方には

バストボリュームよりもバストの形を整えたい方にオススメの育乳ブラ、脇肉ブラレット

脇肉ブラレットしっかり寄せ上げるタイプ

バージスラインが広く円周の長いカップに脇肉を入れ、ノンワイヤーノーパッドでもバストを下からしっかり支えます。さらに内側のリフティングシートでバストを持ち上げます。皮下脂肪も多く、バストボリュームよりもバストの形を整えたい方におすすめの育乳ブラです。

バストが柔らかくなり、脇肉が気になり始めた方には

バストが柔らかくなり、脇肉が気になり始めた方にオススメの育乳ブラ、脇肉カップインブラ

脇肉カップインブラ

産後・授乳後に垂れて脇に流れてたバストも脇肉をカップに入れて育てる育乳ブラ!直径の大きなカップに脇肉を入れて、バージスラインをキープします。もともとバストはあったけれども、バストが柔らかくなり、脇肉が気になり始めた方におすすめの育乳ブラです。

脇肉カップインブラハンモックフィット

ワイヤー入りのメリットを兼ね備えたノンワイヤーブラ-脇肉カップインブラハンモックフィット

ハンモックのようにふわっとバストを寄せ上げる!

産後や加齢で柔らかくなったバストをバージスラインの広いカップに脇肉を入れて、デコルテ部分が削げたバストでも、ふっくらと女性らしいバストに!ハンモックのようにふわっとバストを寄せ上げる!

ノンワイヤーの弱点!カップが浮くのを防ぐ!

さらに、カップ上部がパカパカと浮いてしまうことを防ぐV型パワーネットでノンワイヤーカップでもバストにぴったりフィットし、美しい谷間を演出してくれます!

バストのエイジングは止められない

いくら育乳ブラでバストを美しく見せることができても、人間は年をとっていくものです。バストのエイジングも然り。

ですが、加齢とともに変化していくバストも身体も、今の状態でより自分らしく美しく見せる方法を探していくことが大切だと思っています。

育乳ブラ専門店ラディアンヌのテーマは、「これからのボディステージを楽しむ」です。30代・40代・50代となっても、美しいあなたを引き出すための育乳ブラや補正下着をご用意しておりますので、これからのボディステージを楽しむためにラディアンヌをご利用頂ければ幸いでございます。

この記事を書いた人

ラディアンヌ
ラディアンヌ
ラディアンヌでは、妊娠・出産・子育て、ライフステージで体型が変化する女性が美しく年齢を重ねていくための補正下着を専門に販売しています。
補正下着専門的ラディアンヌ