メニュー
胸が垂れると元に戻らないって本当?

「若いときに比べると胸が垂れた気がする」

「ハリが失われてしまった気がする」

このようなことに悩む人も多いのではないでしょうか。

こういう悩みを抱えている人にとって、「胸の垂れが戻るかどうか」は切実な問題です。

一度垂れてしまった胸は、元の状態に戻るのでしょうか?

基本的には、一度垂れてしまった胸は二度と元には戻らない

結論から言うと、一度垂れてしまった胸は基本的には二度と元には戻りません

胸が垂れた後に、「胸が垂れていなかったころ」に戻ろうとしても、それは原則不可能だと考えてください。

その理由は「胸の構造」によって解説ができます。

私たちの胸は、90パーセントの脂肪と10パーセントの乳腺でできています。

その胸を、胸筋とクーパー靭帯(じんたい)が支えています。

そして、どのような人であっても、またどのような対策をしていたとしても、胸は年齢を重ねることで必ず下垂していきます。

女性の胸は、男性のそれに比べて非常に発達しています。

これは、胸が「子どもに母乳を与える」という役割を持っているからです。

このため、特に妊娠~授乳期は胸が大きく発達します。

しかし、閉経を迎えれば子どもに母乳を与えるための「乳腺」は必要がなくなってしまいますので、徐々に脂肪へ置き換わっていきます。

この脂肪は非常に柔らかく重力の影響を受けやすいものです。

若いときにはハリがあった胸も、脂肪に変わったことで重力の影響を受けやすくなり、垂れていってしまうのです。

また、年齢を重ねるということは、それだけクーパー靭帯の損傷が起きる回数が多くなるということにも繋がります。

クーパー靭帯は胸を支える靭帯ですが、これが切れたり伸びたりしてしまうと、バストは垂れ下がってしまいます。

クーパー靭帯は、一度切れたり伸びたりしてしまうと、二度と元には戻りません

運動やバストケアマッサージによってバストにハリを取り戻せる……という考え方もあります。

ただ、一部の例外を除き、これはかなり難しい話です。

運動や、正しい手順で行われるバストケアマッサージは胸の老化を「遅らせる」効果はあるとされていますが、垂れた胸を「戻す」ことに対してはそれほど有力ではないと考えた方がよいでしょう。

より正確に言うのであれば、ひょっとしたら効果があるかもしれないし、垂れた胸が戻っている可能性は否定しきれない、という程度のものです。

運動やバストケアマッサージの効果は全否定まではできないものの、「これを行えば、だれでも確実に胸のハリが戻る」とまでは言い切れないわけです。

このような点を合わせて考えていけば、一度垂れてしまった胸は元には戻らないということがわかるでしょう。

運動によって胸の垂れを元に戻すことは可能?

垂れた胸が元に戻ることはないとしましたが、運動やバストケアマッサージに意味はないのでしょうか?

運動によって胸の垂れを解消することは、理論上は可能

テレビでみる女性のボディビルダーやトップアスリート選手たちの中には胸の脂肪がほとんどない人もいます。

尽きせぬ自己研さんと激しい運動によって、より逞しい体が作られ、脂肪が筋肉に置き変わったりしているからです。

当然彼女たちの胸は「垂れ」とは無縁です。

このように、強度の運動を極限まで行っていくことで胸の垂れを解消することはできます

ただこれは、「胸の垂れが戻らないこと」に悩んでいる人にとっては、それほど意味のある話ではないでしょう。

このようなやり方は、たしかに胸の垂れを解決できる方法ではあるものの、女性の胸の持つ柔らかさなどがほとんどなくなってしまうからです。

一般的に「垂れた胸を戻したい」と考える人は、「若い時のように、上向きのバストを手に入れたい」と考えているはずです。

決して脂肪をなくして垂れを解消することは目的とはしていないでしょう。

また、実際にここまで体を追い込むことは非常に大変です。

若いときに運動をしており、かつ今までも継続して運動をしていたという人ならばともかく、そうではない人がこれほどの筋肉をつけることは極めて困難です。

このようなことも合わせて考えると運動によって胸のたるみを解消することは、可能ではあるけれども現実的ではないということになります。

また、専門家のなかには「ここまで強度の運動をしてしまうと、逆に細胞がダメージを受けてしまう可能性がある」と指摘する人もいます。

ハードな無酸素運動を続けることで、細胞が過酷な状況に置かれて傷つきやすくなりというのがその理由です。

運動自体はバストを美しく保つために非常に有効

ただ、胸の垂れを完全に戻せるわけではなくても、運動をすることはバストによい影響を与えます

胸筋を鍛えることで胸が崩れにくくなりますし、新陳代謝が活性化することで若々しい肌を維持しやすくなります。

さらにいえば、スポーツはストレスを解消してくれる手段でもあるため、この点でも有効です。

ストレスは血行不良などを招き、胸に必要な酸素や栄養の運搬の邪魔をするからです。

そして運動のもたらす心地よい適度な疲労は、私たちを深い眠りへといざないます。

眠りはストレスを解消する手段であるとともに、人の体を育てたり癒したりする効果を持つものでもあります。

胸の垂れを完全に解消することはできなくても、私たちのバストにさまざまな良い影響を与えます。

なお、運動をする場合は、無酸素運動にしろ有酸素運動にしろスポーツ用のブラジャーの着用が必須です。

運動を行う際には胸が上下左右によくゆれますが、このような動きはクーパー靭帯にダメージを与え損傷させてしまいます。

しかしスポーツ用のブラを付けていれば、そのリスクは最小限に抑えられます。

垂れてしまった胸を根本から治すための方法とは

胸を垂れから守る方法としては運動のほかにも、「食生活の見直し」「バストケアクリームを使う」「自分と用途に合った下着を使う」「十分な睡眠をとる」「ストレスを遠ざける」などの方法があります。

これらはたしかに有用な方法であり、胸が垂れるのを「予防」する効果は見込めます。

ただ、何度か述べている通り、一度垂れてしまった胸は、上記のようなやり方では基本的には戻りません。

垂れてしまった胸を、根本から戻す方法は極めて限られています。

その限られた方法として、「美容外科手術」があります。

垂れを改善するための美容外科手術は、大きく分けて以下の3つです。

  • 豊胸手術
  • 乳房吊上術
  • 乳房縮小術

豊胸手術は、胸の中になんらかの物質を入れて、胸のサイズアップをはかる方法です。

垂れた胸も、この豊胸手術で胸の中に物質を入れることで解消します。

垂れの改善を目的とした場合、ヒアルロン酸注入による手術か、もしくはシリコンバッグ挿入による手術が選択肢に挙がってくる場合が多いかと思われます。

ヒアルロン酸注射は切開を必要としないこと、シリコンバッグ挿入は効果が長続き(あるいは半永久的)に続くというメリットがあります。

乳房吊上げ術は、垂れてしまった皮ふを縫い縮めることによってバストを上向きにする方法です。

ただ、「垂れてしまった胸についていた乳首」をそのままにしておくと不自然さが出ます。

このため乳首の位置も一緒に動かします。

やり方はさまざまですが、この方法は「垂れ」に対してダイレクトにアプローチできる方法だといえるでしょう。

乳房縮小術は、脂肪を取りのぞき、小さな胸にする手術です。

胸が大きい人は、胸が小さい人に比べて胸が垂れやすいという特徴があります。

また、大きい胸は重く重力の影響も受けやすいですし「大きすぎること」に悩む人も少なくはありません。

このような人の場合は、「乳房縮小術」などを選択肢に入ります。

美容外科手術は、成功さえすれば、どんな人でも胸の垂れを解消することができるのがメリットです。

また、ダウンタイムが生じる手術方法が中心となるものの、速効性があるのも魅力です。

ただ、美容外科手術の場合、お金もかかりますし心理的抵抗感も大きいものです。

ですから、バストが垂れる前に、運動や食生活の見直しなどで予防していくことが重要です

Edited by

ラディアンヌ
ラディアンヌ
妊娠・出産・子育て、ライフステージや加齢によってバストや体型が変化する女性が美しく年齢を重ねていくための育乳ブラや補正下着を専門に製造販売しているメーカーです。「味気ないデザイン」「価格が高い」といった従来の補正下着とは一線を画し、さらにご購入後にご利用頂ける3つの無料のアフターサービスをご用意し、誰もが気軽に育乳ブラや補正下着を楽しんで頂くことで、これからのボディステージを楽しんで欲しいと願っています。