ぽっこりお腹を解消するオススメのハイウエストガードル

ハイウエストガードルでぽっこりお腹を解消しよう!

年齢と一緒に増えていくお腹周りのお肉にウンザリしていませんか?そんなぽっこりお腹をスッキリさせる、オススメのハイウエストガードルをご紹介します!

photo credit: -will wilson- via photopin (license)

ぽっこりお腹の原因

ぽっこりお腹は筋力の低下妊娠による骨盤の傾きという二つの原因で作られると言われています。

まずはそれぞれの原因がどのようにしてぽっこりお腹を作っていくのか確認していきましょう。

原因1:筋力の低下

ぽっこりお腹の一番の原因は筋力の低下と言われています。

内臓は筋肉によって支えられていますが、お腹周りの筋力が低下すると重力の影響を受けて下へ下へと落ちていきます。

このようにして内臓がお腹のあたりまで落ちてしまった状態を内臓下垂と言います。

女性は男性と比べると元々筋肉が少ないですから、筋力の低下による内臓下垂でぽっこりとしたお腹になっている方も多いのです。

原因2:妊娠による骨盤の傾き

妊娠による骨盤の傾きが原因で内臓下垂が起こり、ぽっこりお腹になることもあります。

妊娠中、赤ちゃんの重みで骨盤が前に傾きます。

骨盤が前に傾くと、体の内部にはスペースができてしまいます。そこに重力の影響を受けた内臓が下垂してくることで、ぽっこりお腹が出来上がってしまうのです。

さらに、産後赤ちゃんを抱っこする際にはバランスをとるために上半身が反ります。

上半身が反ると結果的に骨盤も傾くことになりますので、やはり体内にスペースができてしまい、内臓が下垂してくることになります。

ぽっこりお腹はガードルで解消しよう

筋力の低下や妊娠による骨盤の傾きが原因で内臓下垂になると、ぽっこりお腹が出来上がります。

そして、一度出来上がったぽっこりお腹は、一回筋トレをしたからといってすぐに解消されるわけではありません。

生活習慣を改善し、日常に適度な運動を取り入れる必要がありますから、それはそれは大変なことです。

しかし、一旦気になりだしたぽっこりお腹は今すぐにでも解消したい。

そんな時はガードルを履いてお腹周りをキュッとしてあげれば良いんです!

ウエストの高さが中途半端だとぽっこりお腹に食い込んでしまい醜い段差ができてしまいますので、お腹をすっぽりと覆うことができるハイウエストタイプがおすすめです。

ぽっこりお腹をすっぽり覆うオススメのガードル

補正下着専門店ラディアンヌお腹にチャックガードルはハイウエストタイプで、ぽっこりお腹もすっぽりと覆うことができます。

太もも部分の生地が食い込んでしまうとお肉に段差ができる、と不安な方はお腹にチャックニッパーがオススメです。足の付け根までしか生地がないので、洋服に響くことなくぽっこりお腹を解消できます。

お腹にチャックガードル&ニッパー

こちらがオススメのお腹にチャックガードル&ニッパーです。

計算されたハイウエスト丈

お腹にチャックガードル&ニッパーの秘密は、何と言っても計算されたハイウエスト丈です。

「胴長だから、本当にお腹を覆えるのか不安」という方は、下記のデータをご覧ください。

年度 \ 年齢高等学校(17歳)
2015年85.9cm
2014年85.9cm
2013年85.9cm
2012年85.8cm
2011年85.8cm
2010年85.8cm
2009年85.7cm
2008年85.8cm
2007年85.7cm
学校保健統計調査 年次統計、表番号:3,年齢別 平均身長・平均体重・平均座高の推移

これは政府が取りまとめた学校保健統計調査というもので、年齢別の平均座高がわかります。

17歳の女性の平均座高を見ると、85.9cmとなっています。一般的に、女性の身長は15〜16歳まで伸びると言われていますので、17歳時点での平均座高は成人女性の平均座高であるとも考えられます。

2007年〜2009年、2010年〜2012年、2013年〜2015年とデータを見ていくと、平均座高は3年ごとに1mmずつ伸びているようですので、2018年の現在では86cmちょうどが平均値になっていそうですね。

このデータに加え、少し古いデータではありますが日本人女性204名の体型を測定した「Aist人体寸法データベース1991-92」という資料も見ていきます。

小さな文字で75ページもある資料でとても全部は読みきれませんので、見ていただきたい部分を抜粋します。

項目
全頭高228.9(mm)238.7(mm)
AIST人体寸法データベース 1991-92、表6-2 平均値の性差(青年群)(単位:mm)

全頭高とは顔の大きさのことです。

この資料によると全頭高(女性の顔の大きさ)の平均値は228.9mmとなっています。

おおよそ約23cmというところでしょうか。

座高と顔の大きさが分かれば、胴体の長さが分かります。

全頭高女性の平均座高86cmから、顔の大きさ23cmを引くと63cmです。この63cmという値が、日本人女性の平均的な胴体の大きさとなります。

ここで、ラディアンヌお腹にチャックガードルのサイズ表を確認します。

お腹にチャックガードルのサイズ表

上記のサイズ表の通り、ラディアンヌのお腹にチャックガードルのLサイズでは、はき込み丈は約42cmとなっています。

つまり、日本人女性の平均的な胴体は63cmですので、その三分の二ほども覆うことができるのです。

どうでしょうか?いくら胴長でも、これだけ高さがあればぽっこりお腹もすっぽりと覆うことができます。

「久しぶりにこのパンツを履きたかったのに!入らない、、、。」という経験は誰にでもありますが、是非!ハイウエストタイプのガードルで解決してみてください!

いろんな服が着られるようになって、お洒落意識の高まりを感じてくるはずです!

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ 育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ

ラディアンヌでは、妊娠・出産・子育て、ライフステージや加齢によってバストや体型が変化する女性が美しく年齢を重ねていくための育乳ブラや補正下着を通販にて販売しております。「ダサい」「高い」といった補正下着のイメージを払拭し、サイズ交換時にかかる送料を無料とすることで、誰もが気軽に育乳ブラや補正下着を楽しめるお店作りに励んでいます。

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌはこちら

おすすめ育乳ブラ診断

おすすめ育乳ブラ診断 おすすめ育乳ブラ診断

初めての方にオススメの育乳ブラ

初めての方にオススメのブラ 初めての方にオススメのブラ

ラディアンヌピックアップアイテム

関連記事

return top