メニュー
胸が張りすぎて痛い!尋常じゃない痛みの正体

胸が張って痛いこと自体は、実はそれほど珍しいことではありません。

ただ、それが明らかに異常なほどの強い痛みであるということなら、なんらかの対応が必要です

ここでは異常ではない、痛みを伴う張りしっかりと対策が必要な、痛みを伴う張りの2種類について考えていきます。

ホルモンの種類とそのバランスについて

異常ではない、痛みを伴うバストの張りを論じるうえでも、しっかりと対策が必要な、痛みを伴うバストの張りを論じるうえでも、女性ホルモンの種類とその働きを知っておくことは重要です。まずはここから解説していきましょう。

女性の体は男性の体のに比べて多くの女性ホルモンが存在します。

そして、この「女性ホルモン」は、エストロゲン(卵胞ホルモンとも呼ばれます)とプロゲステロン(黄体ホルモンとも呼ばれます)に分けられています。

この2つは、両方とも女性の体内に存在するものです。

しかし同一人物の体内であってもその量は一定ではありませんし、バランスも日によって異なります

この「バランスの違い」こそが、生理前の、痛みを伴うバストの張りをもたらします

エストロゲン

エストロゲンは、女性の子宮内膜を増やす効果があります。

受精卵は子宮内膜というベッドのなかで育ちますから、エストロゲンは生殖を考えるうえで非常に重要なものなのです。

また、個人の感情や考え方はまた別ですが、「生き物」としての体は生殖を1つの目的とします。このため、女性の体は男性を惹きつけなければならないと考えます。

より男性に魅力的に見えるように、肌をつややかにしたり、髪の毛をきれいにしたり、肌トラブルからだ肌を守ったりするようにしなければならないと体は判断するのです。

エストロゲンは、この「異性を惹きつける力」に長けた女性ホルモンでもあります。

エストロゲンの分泌量が多い時期は肌トラブルが少なく、体調がよいとされるのはそのためです。

エストロゲンはバストアップにも効果を示すホルモンですが、これもまた「異性に対して魅力をアプローチすること」を一つの目的としていると考えられます

プロゲステロン

プロゲステロンは、エストロゲンと対になって語られるものです。

プロゲステロンは、妊娠を継続させるために非常に重要な女性ホルモンです。

乳腺を発達させたり、食欲を増したりするホルモンであり、子どもを育てやすい環境を整えるために役立っています。

ただ、プロゲステロンの場合、「水分を体の内側にためこむ」「食事の量が増える」「眠気が襲ってくる」などのような影響をもたらすため、妊娠を希望していない人にとっては厄介なもの扱いされることが非常に多いという特徴があります。

エストロゲンとは対照的に、プロゲステロンの場合は、排卵を機にその分泌量が多くなります。

そして妊娠が成立せず、次の生理が始まるころに、また分泌量が下がっていきます。

異常ではない、痛みを伴うバストの張り

このようなホルモンバランスの変化を知っておけば、痛みを伴うバストの張りが、異常なものかそうではないかがわかりやすくなります

生理前に、痛みを伴うバストの張りが見られるという人は決して少なくはありません。

しかしこれは、基本的には心配をしなくてよいものです。

上でも述べたように、生理前はプロゲステロンが優位になります。

プロゲステロンは体内に水をためこむ性質があるため、ときに「むくみ」を生じさせます。

痛みを伴うバストの張りも、この「むくみ」によってもたらされていると考えることができます

生理前は胸が張って痛いが、生理が終わればまた元に戻る・痛みがとれる、という場合はほとんどがこのケースに分類されるでしょう。

また、ホルモンの分泌は成長期の子どもにも影響を与えます。

女児の場合、初潮が起きる1年ほど前から徐々に胸が膨らんでいきます。

第二次性徴期と呼ばれる時期に差し掛かり、1~4年ほどを経て、徐々に大人のバストへと変化していくわけです。

エストロゲンの分泌によりバストが育っていくわけですが、この時期のバストは非常に敏感です。

乳首のあたりが過敏になったり、バストの脂肪部分が揺れ動いたりすることで、強烈な痛みがもたらされることもあります。

ただこれも、「痛みを伴うバストの張り」ではあるものの、成長の過程において起こるものですから、基本的には異常性はありません

自分に合ったブラジャーをつけて痛みから身を守ればよいでしょう。

もっともこのような異常ではない、痛みを伴うバストの張りの奥に、何か病気が潜んでいる可能性も0ではありません。

このため「生理が終わってもまだ、痛みを伴うバストの張りがある」「痛みがひどすぎて日常生活を営めない」「まだ生理になるような年齢ではないのに、胸が不自然なほどに成長していて痛みを訴えている」ということであれば、一度は病院にかかった方がよいでしょう。

病院ではそれぞれのバストの抱える問題点を洗い出してくれます。

異常なものであれば早期治療ができるようになりますし、そうでなくても安心することができます。

異常性を示す、痛みを伴うバストの張りについて

上記のような、「痛みはあるけれども異常性のないバストの張り」はそれほど問題にはなりません。

問題となるのは、病気などによる痛みを伴うバストの張りです。

乳がん

バストに関係する病気のなかで、一番有名なのは乳がんでしょう。

日本人の死因のなかで一位を占めるのが「がん(悪性新生物)」ですが、乳がんはそのなかでも特別な位置にあります。

女性が罹患するがんのうち、1番にランクインしているのが「乳がん」なのです。

特に40歳代では乳がんの割合とその死亡率が高くなっています。

乳がんの場合、しこりが出てきます。

このしこりは乳がんのもっともわかりやすい指標とされています。

また、張りが生じる場合もあります。

初期段階の乳がんでは、痛みはそれほど大きくはありません。

ただ、進行していくと痛みが出てきます。

また、骨に転移をした場合は、日常生活(歩いたり座ったりするなど)でも痛みが出てくることがあります。

乳がんの治療には、いくつかの選択肢があります。もっとも有名なのは、乳房を切り取る方法でしょう。

がんに侵されている部分をそのまま切除することで、がんの増殖を抑えます。

この方法は非常に効果的なものではありますが、同時に「乳房がなくなる」という心理的負担を感じるものでもあります。

それ以外にも、「ホルモン療法」という治療方法もあります。

乳がんの信仰に関わってくるものとして上記で挙げた「エストロゲン」があります。

ホルモン療法によってエストロゲンの分泌量をコントロールし、悪化や再発を防ぎ、がん細胞が小さくしていくのです。

薬でとりいれることが多く、投薬や注射というかたちで治療が勧められていきます。

乳腺症

「痛みを伴うバストの張り」というと、多くの人が「乳がん」を思い浮かべますが、腫瘍や痛みを伴うバストの張りの多くは良性のものです。

乳腺症もそのうちの一つです。

鈍痛を伴うことが多く、ホルモンバランスの乱れなどによって起きるとされています。

乳腺症自体は、それほど異常なものではありません。

これは上記で挙げた「生理前の痛み」とも深く関わっているものであり、基本的には経過観察という選択肢が選ばれます。

ただ、痛みがひどい場合は、痛みに対する対処療法がとられます。

乳腺炎

乳腺症と名前が似ていますが、こちらは授乳中の人がよくなるものです。

細菌によって引き起こされたり、母乳が胸の中に溜まってしまったりすることで起こります。

うまく母乳を出せないと痛みが強くなる傾向にあり、またバスト部分が熱を持つこともあります。

基本的には、バストマッサージや授乳の頻度をあげるなどの方法で対応していきます。

しかしそれでも改善が見られない場合は、切開手術によってつまりの原因を取りのぞくこともあります。

いずれにせよ、自分の痛みが、病的なものであるかそうではないかの判断は非常に難しいものです。

このため、異常があるなら、痛みがあるなら、とりあえず病院で受診してみことをおすすめします

Edited by

ラディアンヌ
ラディアンヌ
妊娠・出産・子育て、ライフステージや加齢によってバストや体型が変化する女性が美しく年齢を重ねていくための育乳ブラや補正下着を専門に製造販売しているメーカーです。「味気ないデザイン」「価格が高い」といった従来の補正下着とは一線を画し、さらにご購入後にご利用頂ける3つの無料のアフターサービスをご用意し、誰もが気軽に育乳ブラや補正下着を楽しんで頂くことで、これからのボディステージを楽しんで欲しいと願っています。