値段の安い豊胸手術を希望するときのポイントとは?その選び方のポイント

値段の安い豊胸手術を希望するときのポイントとは?その選び方のポイント

「豊胸手術はしたいけれど、多額のお金を都合するのは難しい」

「バストアップをはかりたいけれど、できるだけ安い施術にしたい」

「財布に優しいバストアップ方法を探している」

「豊胸手術の価格の相場」を知ったことで、特にこのような考えを強く持った……といった希望者も珍しくはありません。

では、このような場合はどういった選び方を心がけたらよいのでしょうか? それについて見ていきましょう。

「豊胸手術は自由診療なので、価格は病院が設定できる」という点を抑える

乳がんなどの病気を患って乳房を失った人が胸を再建するという場合は(別途条件が課せられる場合もありますが)、国民健康保険などを使えるため費用は抑えられます。よく「保険内診療」「保険診療」と呼ばれるものであり、国民が健康的な生活を営むために必要なお金の一部を国などの公の機関が負担しますよ、というものです。

条件によって異なりますが、保険診療内で治療を受けた場合の自己負担額は、実際にかかった医療費の1割~3割と決められています。全国どこで治療を受けても、治療の内容が同じであるならば、金額も一緒です(ただし、夜間診療などがあればまた金額が変わってくることもあります)。

しかし、一般的な豊胸手術の場合は、この「保険」を使うことはできません。

豊胸手術は美容外科手術に分類されるものです。極論をすれば、たとえバストサイズが小さくてもかたちが満足のいくものでなくても、「健康的に生きていくこと」を目的とするのであれば、手術の必要はないのです。このため、国に大きな負担がかかる保険内診療ではなく、公的な機関からの補助が一切ない「自由診療」「保険外診療」の扱いとなります。

豊胸手術の手術費用が極めて高いのは、このような理由があるからです。

安い豊胸手術を受けるためのポイントその1~費用が安い病院を選ぶ

このようなことを踏まえておけば、「安い豊胸手術を受ける方法」も模索しやすくなります。

前述したように、豊胸手術は原則として自由診療というかたちをとります。つまり、病院ごとに自由に料金を設定できるのです。また、保険内診療のときとは異なり、「キャンペーン」「初めての人に限り○円引き」などのような広告を打つこともできます。全国展開している病院のなかには、各地方の病院によって、割引にするプラン(たとえば二重形成術がほかの地方の病院よりもオトク、豊胸手術の一部が割引になるなど)を独自に決めている場合すらあります。

もともと安いプランで豊胸手術を提供している病院」を選ぶことができれば、手術にかけられる料金はぐっと抑えることができます。 ほかの病院と比べてあからさまに費用が高すぎる病院は競争に負けていくことになるため、「相場」は存在します。しかし、脂肪吸引+脂肪注入による豊胸手術に代表される「費用が高くなりがちな豊胸手術」を選んだ場合、同じ手術(たとえばピュアグラフト脂肪注入)でも、病院によっては1.7倍ほど、金額にして40万円近くも価格差が生じることもあります。

このため、「安い手術代で豊胸手術をしたい」と考えた場合は、「病院ごとによる費用設定の違い」を確認することはほぼ必須条件となります。

なお、「安い豊胸手術は質が悪い」と考える人もいるかもしれません。

しかし豊胸手術の場合、施術を担当するのは医師免許を持った医師です。そのため、相応の知識と経験があります。薄利多売方式の形式をとっている病院などの場合は、「申し込む人の数が多いから、結果的に安い値段で豊胸手術を提供できる」ということもありえます。 ただ、「高い値段を付けている病院はぼったくりだ」ともいえません。

「自分がどのような胸になりたいのか」

「きちんと話を聞いてくれる病院か」

「通う(脂肪注入による豊胸手術の場合は、複数回病院に足を運ぶ必要があります)ことが苦にならない場所であるのか」

「自分が希望する豊胸手術をやってくれるか」
を基準にして、値段との折り合いをつけて病院を選んでいく必要があるでしょう。

安い豊胸手術を受けるためのポイント2~キャンペーンやモニターに応募する

一般的な「保険内診療」とはまったく異なった性質を持つのが、自由診療による豊胸手術です。そのため、上でも述べましたが、キャンペーンやモニター募集を病院が打ち出すことも可能となります。

キャンペーンにはさまざまなものがあります。

  • 初回の人は金額を安くする
  • 期間限定で手術費用を安くする
  • 新しい病院をオープンさせたので、新規院オープン記念価格で手術を提供する
  • 全国展開している病院だが、それぞれの病院で割引キャンペーンをはっている
  • ポイントカード制度を設けている
  • 会員になってくれれば、特別価格で提供する

などのように、各病院でオリジナリティあふれるキャンペーンを提供しています。

「どこの病院も、必ず豊胸手術をキャンペーン対象としている」というわけではありません。あくまで体感的な話ですが、脱毛などが対象となるケースが比較的多いようにも見られます。 ただ、このようなキャンペーンを利用して豊胸手術をした場合、金額が思いのほか安くなる可能性も十二分にあり得ます。 「安くあげたい」ということが第一の目的であるのなら、このようなキャンペーンを打ち出している病院を狙ってもよいでしょう。

もう一つおすすめなのが、モニター募集です。 多くの場合、「施術前の写真と施術後の写真を撮り、それを手術をしてくれた病院のホームページに載せることを条件に、格安価格で施術が受けられる」という制度をとっています。

この「モニター割引」は非常に大きく、ケースによっては30万円近くも安くなることすらあります。 豊胸手術の場合、胸の部分だけの写真を撮るため、顔は出ません(ただし、モニターに応募する場合は、どこまでの露出が必要になるかは必ず確認してください)。

また、モニター募集と少し似た性質を持っていますが、一部の病院では「SNSにアップしてくれるなら、金額を割引する」などのようなシステムを設けているところもあります。フェイスブックやツイッターといったSNSでのフォロワー数が多い人の場合、「○○という病院で美容外科手術を受けた」といって写真を載せることで、一つの宣伝となるからです。また、フォロワー側からの反応の多さによって、割引料金が変わってくることもあります。

もちろんこれらの割引企画は、「すべての病院で」「365日いつでも」行っているものではありません。 求められる数のモニター数を集めてしまえばモニター募集を打ち切る病院もありますし、キャンペーンなどは積極的には行わないという病院もあります。インフルエンサー割引などの場合は、特に扱っている病院が限られてくるでしょう。

しかし自分の条件と一致するのであれば、そして抵抗感がないのであれば、これらのキャンペーンを利用することは非常に意味のあることです。 豊胸手術を実際に受けるとなれば、数多くの病院のホームページを覗くことになるでしょう。そのなかで、「自分のニーズに合ったキャンペーン情報」を提示しているところを探すことができれば、お買い得な金額で豊胸手術を受けられるチャンスとなります。

安い豊胸手術を受けるためのポイントその3~豊胸手術の種類を選ぶ

「豊胸手術」と一口にいっても、その種類は実にさまざまです。

現在の豊胸手術は、大きく以下の4つに分けられます(もっと細かい分類もあります)

  1. ヒアルロン酸豊胸手術
  2. バッグ挿入豊胸手術
  3. 脂肪注入豊胸手術
  4. ハイブリッド豊胸手術

最初に挙げたものほど価格が安く、番号が大きくなればなるほど料金は高くなります。

1.ヒアルロン酸豊胸手術というのは、胸の中にヒアルロン酸を注入するものです。注射だけで胸を大きくすることができるため、切開の必要もありません。もっとも簡単に受けられる豊胸手術であり、1CCから調整することもできます。1カップ程度のアップを目指す場合でも、30万円程度の費用に収まります。

2.バッグ挿入豊胸手術の場合は、胸の中に、食塩水やシリコンが入ったバッグを入れ込むものです。「カップ数をとにかくアップさせたい」という人に効果的な方法であり、半永久的に高価が持続します。現在は大分改善されたとされていますが、異物を入れるため、手触りに違和感が生じる場合もあります。

3.脂肪注入豊胸手術は、自分の脂肪を一度吸引して、それを胸に入れていく方法です。脂肪吸引とセットになっているため、痩身も一度にできるのが魅力です。また、自分の脂肪を使うので手触りも自然です。ただ、金額が読みにくいことがデメリットです。また、自分の脂肪を使って行うため、もともとやせ形の人は使えません。

もっとも高額な豊胸手術として挙げられるのが、4.ハイブリッド豊胸手術です。これは2と3の合わせ技で、バッグを入れた後に脂肪を注入していく方法です。自然な手触りと大幅なバストサイズアップが可能な手術ではありますが、金額は非常に高額で、100万円以内に収まる可能性はあまりありません。

とにかく安い豊胸手術を受けたい場合はヒアルロン酸豊胸手術の方法をとるとよいでしょう。特に、「大幅なバストアップではなく、不自然ではない程度の調整を行いたい」という場合は、1の方法がとりやすいかと思われます。

ただし、ヒアルロン酸の注入による豊胸手術には永続性がありません。専門家によって見解は違いますが、1年~10年で体の中に吸収されていってしまいます。 「小さくなったらそれはそれで」と考えているのならば良いのですが、ずっと大きいバストを維持したいのであれば、コストパフォーマンス的にはやや難のある方法です。

「安い豊胸手術をしたい」といった願いが、「とりあえず今のバストをどうにかしたい」と考えてのことなのか、「永久的に大きなサイズを維持したいか」で選ぶべき方法は変わってきます。 しかし、「手術方法によっては、今の金銭的負担を減らせる」という点は押さえておくべきでしょう。

この記事を書いた人

COCO
COCO
34歳、一児の母です。大学では心理学を専攻し、卒業後は大手広告代理店に10年間勤務していました。結婚を機に専業主婦となり、空いた時間にブログを書くようになってから、ライターとしてフリーでも活動しています。

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ 育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ

ラディアンヌでは、妊娠・出産・子育て、ライフステージや加齢によってバストや体型が変化する女性が美しく年齢を重ねていくための育乳ブラや補正下着を通販にて販売しております。「ダサい」「高い」といった補正下着のイメージを払拭し、サイズ交換時にかかる送料を無料とすることで、誰もが気軽に育乳ブラや補正下着を楽しめるお店作りに励んでいます。

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌはこちら

おすすめ育乳ブラ診断

おすすめ育乳ブラ診断 おすすめ育乳ブラ診断

初めての方にオススメの育乳ブラ

初めての方にオススメのブラ 初めての方にオススメのブラ

ラディアンヌのナイトブラ

ラディアンヌのナイトブラ ラディアンヌのナイトブラ

ラディアンヌピックアップアイテム

関連記事

return top