メニュー
育乳ブラに効果がない本当の理由

育乳ブラは効果なし?実際に育乳ブラと普通のブラジャーを着け比べてみてわかった、育乳ブラに効果ないと言われる本当の理由。

photo credit: Kostya Romantikov Nastya, official and charming via photopin (license)

まずは育乳ブラの効果を理解する

乳を育てると書く育乳ブラ、その効果は口コミを見る限り賛否両論。効果があったという良い口コミもあれば、効果がなかったという悪い口コミもあり、育乳ブラで本当にバストを育てることができるのか不安になります。

そもそも、育乳ブラはバストを育てると言いますが、具体的にどのように体に作用することでバストを育てるのでしょうか。

バストボリュームをアップさせるものではない

ここで初めに誤解を招かないためにも断言する必要があります。育乳ブラはバストの脂肪を増やしてバストボリュームをアップさせるものではない、ということです。

バストは脂肪と乳腺で形成されています。脂肪が9割で乳腺が1割程度です。女性ホルモンが活性し乳腺が発達することでそれを守ろうと脂肪がつくことでバストのボリュームはアップしてバストアップしていきます。

育乳ブラといえども、一つのブラジャーにすぎません。ブラジャーがバストの脂肪を増加さえてバストボリュームをアップさせることは科学的に不可能です。

それでは育乳ブラは、バストをどのようにして育てていくのでしょうか。

バストの形を整えて美しいバストへ育てていく

育乳ブラに期待できる効果とは、バストの形を整えて美しいバストへ育てていくことで、結果としてバストアップしたり、谷間ができたりする効果です。

例えば、Cカップのバストの女性が育乳ブラを着けると、前述のようにもちろんバストの体積は変わりません。育乳ブラがバストの脂肪を増やしてバストボリュームをアップさせるわけではないからですよね。

しかし、バストボリュームが変わらなくても、育乳ブラでバストの形を整えて美しいバストへ育てていくことで、バストは見違えるほど美しくなります。バストもCカップとは思えないほど、ふっくらとバストアップを感じられることでしょう。

つまり、育乳ブラの効果=バストアップではなく、バストの形を整えて美しいバストへ育てていくこことで、結果としてバストアップしたり、谷間ができたりする効果なのです。

育乳ブラで効果がない理由

育乳ブラに期待できる効果を理解したところで、育乳ブラに効果を感じられなかった、効果がなかった理由について深く追究し、原因を明らかにしました。

皮下脂肪がない痩せ型体型

まず、育乳ブラで効果がなかった原因の一つに、育乳ブラを着用された方が皮下脂肪がない痩せ型体型であることが挙げられます。

育乳ブラでは、バスト付近の脂肪、脇のお肉などをカップに寄せ集めて、カップに入れ込むことができます。そうすることで、今までブラジャーのカップの外で遊ばせていた脂肪がカップに入ることでバストと一緒に育乳ブラでバストの形を整えて美しいバストへ育てていきますので、以前のバストカップより結果として大きくなります。

ですので、皮下脂肪がない痩せ型体型の場合、カップへ寄せ集めていくお肉が十分にないので育乳効果を感じることが難しく、一方で、十分に脂肪がある場合、カップへ寄せ集めやすため、育乳効果を感じやすくなります。

すでに美しいバストスタイルである

次に挙げられるのは、育乳ブラに頼らなくてもすでに美しいバストスタイルを形成されている場合、育乳ブラの効果を感じることは難しいです。

ここで言う美しいバストスタイルとは、こちらの写真のように鎖骨とバストトップで正三角形を描くことができることです。

鎖骨とバストトップで正三角形を描くことができる美しいバストスタイル

特に10代・20代の場合、バストを支えるクーパー靭帯がしっかりバストを引き上げており、さらにバストにもハリがありツンと上向いている場合が多いため、これ以上の育乳効果を求めるのはハードルが高くなってしまいます。

育乳ブラではないブラを着用している

育乳ブラで効果がない理由として、もっとも多いのは育乳ブラではない育乳ブラを着用している、ということです。

これはどういうことかと言いますと、育乳ブラの仕様になっていないブラジャーを販売しているお店が「育乳ブラ」と謳って販売している、ということです。特に、ナイトブラの類のブラジャーに、このような育乳ブラではないのに育乳ブラと販売されている商品が散見されます。

育乳ブラは、普通のブラジャーと違って、育乳できる、バストの形を整えて美しいバストへ育てていくことのできる、仕様になっています。当然ですが、育乳ブラではないブラジャーを着用し続けても育乳効果を感じることはできません。

育乳ブラの普通のブラジャーの違いについて、詳しくは下記参考リンクをご覧ください。

参考:育乳ブラと育乳ブラではないブラを比較

育乳ブラで効果がでやすい人

それでは、育乳ブラで育乳効果をでやすい人はどういった場合なのでしょうか?

皮下脂肪が多い人

皮下脂肪が多い人の写真

こちらは前述のように、バスト付近や脇に脂肪がついている人は育乳ブラの効果を感じやすいでしょう。

育乳ブラは脂肪をブラジャーのカップに寄せ集めて、カップに入れて、バストと脂肪を一緒にバストの形を整えて、美しいバストへ育てていくことで結果としてバストアップします。

脂肪が少ない場合や痩せ型体型の場合、育乳ブラを着用しながら少しずつ食べる量を増やすことも検討してみてください。

産後や授乳でバストが型崩れした人

産後や授乳でバストが型崩れした人の写真

女性にとって、妊娠〜出産〜授乳の期間はバストが急速に激しく変化します。この時期にバストが型崩れてしてしまって、妊娠前のバストが恋しくなる女性が多いです。バストが垂れ萎んでしまい、バストはサイズダウンし、デコルテ部分がごっそり削げたようなバストスタイルになる方も多くいます。

しかし、そんなバストになったとしても育乳ブラを着用することで、バストの形を整えて、美しいバストへ育てていくことで女性らしいバストを取り戻すことが期待できます。

加齢でバストがハリを失って柔らかくなった人

加齢でバストがハリを失って柔らかくなった人の写真

女性のバストは20代後半で完成し、それ以降はハリを失い、垂れ下がり、脇へ流れていってしまいます。何歳になっても美しいバストを保っている方もいらっしゃいますが、年とともにバストも加齢していくことは自然の摂理です。

こういった加齢していくバストにこそ、育乳ブラは本領を発揮します。30代・40代の女性にこそ、若かりしころのバストのような美しいバストスタイルへ導くようにバストを育てていく効果を実感しやすいでしょう。

ラディアンヌスタッフが育乳効果を実感

育乳ブラの効果のあるなしについては、実際に普通のブラジャーと育乳ブラを着用して比較してみることが一番わかりやすいでしょう。そこで、今回は育乳ブラ専門店ラディアンヌのスタッフが実際にラディアンヌの育乳ブラを着用しました。

普通のブラジャーを着用

育乳ブラではないブラジャーを着用した写真

こちらのラディアンヌスタッフはB〜Cカップです。1度の出産を経験し、バストは少し下を向いています。そこまで皮下脂肪があるタイプではありませんが、バストの周り、脇の周りにはつかめる程度のぷにぷにとした皮下脂肪があります。

育乳ブラを着用

育乳ブラを着用した写真

一目瞭然、バストアップしたことがわかります。こちらの写真を見ると、本当にB〜Cカップ?と疑いたくなります。バストの位置も高くなっていますし、バストは上を向くまではいかずとも真正面を向いています。

育乳ブラを着けることで、これだけの効果をすぐに実感することができます。一方で、普通のブラジャーを着け続けていると、加齢によりバストはどんどん垂れ下がり、脇へ流れて、もっと悲惨な状態にバストも加齢していく恐れがあります。

体型別おすすめ育乳ブラ

手前味噌ではありますが、今回、より効果を実感していただきやすいように、体型別におすすめの育乳ブラ専門店ラディアンヌの育乳ブラをご紹介させていただきます。

Cカップ以下、バストも垂れ萎んでいる方におすすめ

Cカップ以下、バストも垂れ萎んでいる方におすすめ、リフトアップ美胸ブラ

リフトアップ美胸ブラ

Cカップ以下でバストのボリューム不足にお悩みの方や、加齢や産後でバストが垂れ萎んでしまった方(この場合はDカップくらいでも大丈夫)におすすめの育乳ブラです。

バストの下垂や、脇肉や背中の脂肪が気になり始めた方におすすめ

バストの下垂や、脇肉や背中の脂肪が気になり始めた方にオススメの育乳ブラ、リフトアップスウィートヴァージン

リフトアップスウィートヴァージン

花柄レースが可愛い、初めての方でも試しやすい、着けたくなる育乳ブラ!バストの下垂や、脇肉や背中の脂肪が気になり始めた方におすすめの育乳ブラです。

バストボリュームよりもバストの形を整えたい方には

バストボリュームよりもバストの形を整えたい方にオススメの育乳ブラ、脇肉ブラレット

脇肉ブラレットしっかり寄せ上げるタイプ

バージスラインが広く円周の長いカップに脇肉を入れ、ノンワイヤーノーパッドでもバストを下からしっかり支えます。さらに内側のリフティングシートでバストを持ち上げます。皮下脂肪も多く、バストボリュームよりもバストの形を整えたい方におすすめの育乳ブラです。

バストが柔らかくなり、脇肉が気になり始めた方には

バストが柔らかくなり、脇肉が気になり始めた方にオススメの育乳ブラ、脇肉カップインブラ

脇肉カップインブラ

産後・授乳後に垂れて脇に流れてたバストも脇肉をカップに入れて育てる育乳ブラ!直径の大きなカップに脇肉を入れて、バージスラインをキープします。もともとバストはあったけれども、バストが柔らかくなり、脇肉が気になり始めた方におすすめの育乳ブラです。

脇肉カップインブラハンモックフィット

ワイヤー入りのメリットを兼ね備えたノンワイヤーブラ-脇肉カップインブラハンモックフィット

ハンモックのようにふわっとバストを寄せ上げる!

産後や加齢で柔らかくなったバストをバージスラインの広いカップに脇肉を入れて、デコルテ部分が削げたバストでも、ふっくらと女性らしいバストに!ハンモックのようにふわっとバストを寄せ上げる!

ノンワイヤーの弱点!カップが浮くのを防ぐ!

さらに、カップ上部がパカパカと浮いてしまうことを防ぐV型パワーネットでノンワイヤーカップでもバストにぴったりフィットし、美しい谷間を演出してくれます!

育乳ブラは試着が大切

育乳ブラにはカップにお肉を寄せ集めたり、脇や背中の脂肪をすっきりさせる機能があるため、育乳ブラと普通のブラジャーとではやはりサイズ感が異なります。自分のサイズはC75だからと言っても、育乳ブラの場合、違うサイズでフィットすることが少なくありません。

育乳ブラ専門店ラディアンヌでは、インターネット通販でも育乳ブラを試着できるように、ブラジャー2点以上の注文でサイズ交換時にかかる往復の送料(新しいサイズを送る送料と合わないサイズを返送する送料)が無料になります。これによって、異なる育乳ブラを着け比べたり、サイズ違いを着け比べたりして、自分に合う育乳ブラを探すことができます。

これからは手持ちのブラジャーを育乳効果のある育乳ブラに変えて、見違えるバストを手に入れてみませんか?

Edited by

ラディアンヌ
ラディアンヌ
妊娠・出産・子育て、ライフステージや加齢によってバストや体型が変化する女性が美しく年齢を重ねていくための育乳ブラや補正下着を専門に製造販売しているメーカーです。「味気ないデザイン」「価格が高い」といった従来の補正下着とは一線を画し、さらにご購入後にご利用頂ける3つの無料のアフターサービスをご用意し、誰もが気軽に育乳ブラや補正下着を楽しんで頂くことで、これからのボディステージを楽しんで欲しいと願っています。