ダイエットとバストアップ為の食事の時間帯

こんにちは!

ロンドンでパーソナルトレーナーとして活動しているSay!Taroこと、高木清太郎です!ラディアンヌの専属ライターとして記事を執筆しています。

ラディアンヌは育乳ブラや補正下着で女性の美しさをサポートしていますね。 一方で僕は、体のメカニズムやトレーニング方法をお話することで、みなさまのをサポートしていきたいと熱く想っています!

今回は、ダイエットとバストアップの為の食事の時間帯に関する知識を知って貰えればと思います。

食事の時間帯を工夫するだけで、食べても太りにくく、バストの成長をサポートできます。 同じ食事を、同じように摂取する場合でも、その時間帯によって、太りやすくも太りにくくもなるからです。

同じ物を食べる場合でも、食べる時間帯を工夫するだけでダイエットにプラスにもマイナスにも働きます。 正しい知識を身に着け、賢く食べて、無理なく、楽しくダイエットに取り組みましょう。

好きなものを好きに食べてよい時間帯がある?朝は食べても太らない!?

ダイエット中やバストダウン防止の為の朝食の重要性

朝食は一日の始めに摂取する食事で、ダイエットやバストアップに非常に重要な役割を果たします。 人間の体温は、朝目覚めた後が一番低く、昼過ぎのピークに向けて徐々に高まり、その後は少しずつ低下します。

そして、朝食の摂取には、体温を引き上げる効果があります。 食べ物の消化や吸収に、内臓の働きが活発になり、その過程で熱が生まれるのです。 食事の摂取は、全身の細胞に栄養素とエネルギー源を供給するので、身体が細胞レベルで活性化する事も体温の上昇を助けます。

内臓が動き出す事や全身の細胞の活性化は基礎代謝の引き上げにも効果があり、消費カロリーを増やす事にも繋がります。 朝食は体温と基礎代謝を爆発的に高める働きがあり、ダイエットを効率良く行うために欠かせません。

もし朝食を抜いてしまうと、体温がなかなか高まらず、内臓の働きが鈍ったまま1日が始まります。午前 中の間を低い代謝で過ごす事になり消費カロリーが高まりません。 また、身体が必要とするエネルギー源が足りていないと筋肉分解が起こり、バストダウンや垂れ胸を引き起こす原因になります。

朝は好きなだけ好きなものを食べよう!!!

脂肪の蓄積は夜寝ている間に起こりやすい傾向にあります。 反対に、朝食べたカロリーや栄養素はその日の内に消費されやすいので、体脂肪として身体に残りにくいメリットがあります。

朝は一日の始まりで、夜眠りに就くまで長時間あるからです。 食べた物がエネルギー源として消費されれば、脂肪として蓄積されることが無いので、太らないのです。

例えば、高カロリーでアンヘルシーな食事をしても、その日の内に消費されれば、脂肪として身体に蓄えられる事はありません。 朝の時間は、空腹で、血糖値の急上昇が起こりやすいので、食べる順序には気を使う必要があります。 過敏なインスリンの分泌が脂肪の蓄積に繋がるので、朝食時の食べる順序は必要がありますが(詳しくは前記事参考)、カロリーや量を気にせずに比較的自由に食べられます。

実際に、夜に比べると、朝から大量に食べる事は難しいのですが、心理的に非常に大きなメリットを得られます。 「朝から好きなものを好きなだけ食べた」満足感は、筋トレやエクササイズ、有酸素運動などに対するモチベーションの維持にも有効です。

自由に食べる事に対する満足感は、ストレスの溜まりやすいダイエットの継続を促してくれますし、朝食を楽しむことでより充実した1日を迎えられるのではないでしょうか。

朝ごはんを思いっきりゴージャスに!!!

私の教え子の数人は、食事を夜型から朝方にシフトする事で、ダイエットもバストアップも、理想的なライフスタイルの確立にも成功しましたよ。 毎日の仕事のストレスを夜食やアルコールにぶつけていた彼女達に、程良い筋トレと有酸素運動を始め、朝食を充実させて夜の摂取を控える様に指導しました。

朝活の良さを頭で理解していても、毎日実行するのは、簡単ではありませんよね。 そこで、「毎日の朝食を可能な限り豪華で豪快にゴージャスに」する様に教え子達に勧めました。 朝活を継続するモチベーションの維持にも効果があったようです。 筋トレや有酸素運動によて身体に変化が表れただけじゃなく、食事に対する意識も自然と改善され全てが上手く機能したのです。

彼女たちは、休日には早朝にトレーニングを行い、一流ホテルに朝食を食べに行ったり、朝ごはんに贅沢をして、心地よく毎日を始める習慣をものにしました。 「朝活」の良さを本当に実感できたせいか、自然と夜食や暴飲暴食が減り、体調が安定的に改善され、身体にも大きな変化が表れたのです。

特に、クリスティーナは、3か月ほどでバストはBカップからCカップに成長し、体重も60kgから55kgに落ちたそうです! 勿論付き合いや娯楽で夜も充実させているそうですが、以前の様に無謀な飲み食いは控えているそうです。

朝食であれば手ごろな価格で一流ホテルで食事が可能です。 夜間にパブで飲み食いする金額で一流のサービスと朝食を楽しめます。

平日の忙しい朝でも、しっかりと15分程の筋トレを行い、家でできる可能な限り豪華な朝食を楽む事を 日課にしているようです。 理想の身体に向けて、ダイエットとバストアップの取り組みは終わっていませんが、自分の取り組みが身体に変化をもたらした事が自信とセルフイメージの向上にも繋がったようです。

朝ご飯の改善が、仕事やプライベートにも好影響を与えていて充実した毎日を送れているそうです。 貴方も、ダイエットやバストアップの為の取り組みに食事の面での「朝活」を加えればより充実したライフスタイルも満喫できるかもしれませんね。

夜の脂質、糖質、高カロリーは控えめに!

先ほど、朝食の重要性やダイエットの際でも自由に食べても良いと解説しましたが、夜はその反対で食べるものに非常に気を使うべきでしょう。

夕食や夜食で摂取されたエネルギー源は、消費される割合が低く、体脂肪として体内に蓄えられやすいからです。 寝ている間に身体の機能は著しく低下します。 心臓や脳の細胞の一部の活動を除いて、身体が完全に休息するからです。その為、基礎代謝は1日の間で一番低い状態になります。 夕食や夜食として摂取された食べ物の全てがエネルギーとして消費さえる事は殆どあり得ないのです!

例えば、毎日の食事の順序を入れ替えたとしましょう。 毎日夕食に食べているものを朝食に、朝食に食べているものを夕食に取り替えた場合、貴方の身体は大きく変化するでしょう。 摂取カロリーや摂取している栄養素は全く同じですが、夜間に脂肪して身体に蓄えられるカロリーが大幅に減少するので、自然と体脂肪率が減少するでしょう!

現実的な食事のお勧め法!!シンプルな置き換えダイエットがかなりお勧め!!

夕食を量を大幅に減らしたり、質素にするのは、現実的ではありませんよね。 そこでお勧めなのが、一部の食事の置き換えダイエットです。

置き換えダイエットとは、食事の一部を他の食品に置き換えるダイエット法で、賢く利用できれば非常に有効で効率的な食事の摂取が可能になります。 置き換えダイエット = ストイックの先入観を持たれがちですが、今紹介したいのは、糖質や脂っこい食品の30%程を低カロリーなタンパク質に置き換えるシンプルなものです。

例えば、白米の3分の1をお豆腐などの食品に置き換えるだけで実行可能です。 白米のカット量は多くないので、食事を楽しみながら摂取カロリーをカットできるメリットがあります。 そして置き換える豆腐は、高タンパクで低カロリーですので、カロリー摂取を控えながらバストアップを補助してくれます。

白米の量が少し減りますが、1品増えますので、より見た目も豪勢になるはずです。 小さな工夫ですが、中期から長期的に継続する事で非常に大きな違いを生み出してくれますよ! 白米は100g当たり168kcalですので、毎晩約30%カットで約50kcalの摂取量の軽減に繋がります。これは毎 月1,500kcalのカット同量で、女性が1日に消費するカロリー量にも匹敵する量です!

こまめに間食を取ろう!!ダイエット効果を高め、バストダウンを防止する間食!!

ダイエット中に間食はNGで、身体にマイナスと思われがちですが、ダイエットやバストアップにプラスの効果が期待できます。 口にする食品や栄養素にも気を付ける必要はありますが、食べる事がダイエットに繋がります!

筋肉分解の防止でバストダウンと型崩れ予防に!

筋肉分解とは、筋肉を分解してエネルギー源の代用として燃焼させる身体の仕組みです。 筋肉分解によって筋肉が分解されると、筋肉量や筋力が低下し、バストを支える力や持ち上げる力が弱まるので、バストダウンや型崩れ、垂れ胸になりやすくなるのです。 そして筋肉分解は血液中の糖質量やアミノ酸の量が低下している際に起こります。

血中の糖質やアミノ酸の量が低下するのは、主に空腹時です。 間食によって、血中の糖質やアミノ酸の濃度を適度な数値に保つことが、筋肉分解の防止に役立ち、バストダウンや垂れ胸の予防になるのです。

栄養素の供給で体温&代謝アップ!

人間の食べる行為は、噛んで飲み込み、内臓や酵素の働きによって食べ物を分解し消化と吸収を促します。 この過程には内臓の働きが関係していて、体温の上昇や基礎代謝の向上を促します。

また、血流によって全身細胞に栄養素が行き渡ると、細胞は活性化してアクティブになります。 食べる事によって体内の機能が働き、活性化する事で、基礎代謝の向上が見込めるので、消費カロリーを高められます。 食べる事によってカロリーを摂取しても、それと同量程のカロリー消費を促す事も可能ですので、間食が必ずしもダイエットの妨げになるとは限りません。

栄養素の持続的供給でバストアップ!

人間の身体は、一度に大量の栄養素を吸収し、身体の細胞に届けるには不向きです。 一度に大量に栄養素を摂取しても、身体が必要な量のみを吸収し、それ以外の成分は体外に流れてしまいがちです。 その為、より多くの栄養素を細胞へ届ける為には、こまめに摂取する事が、重要です。

例えばバストアップに効果があるコラーゲンを一度に大量に摂取しても、吸収される一部を除くと体外に流れていまいます。 これを少量の摂取を小まめにする様に切り替えると、バストに持続的にコラーゲンの提供が可能になります。 小まめに摂取する事で、コラーゲンに限らず、栄養素がしっかりと吸収されるので、バストアップやダイエット、健康面にもより効率良く栄養補給が可能になります。

空腹はダイエットの強敵!

空腹は身体が栄養素やエネルギー源をし不要としているサインです。 そして、空腹の状態は、私たち人間が餓死から身を守る為に、エネルギーの消費量を節約し、燃費の良い状態にシフトを促します。

エネルギーの消費量がセーブされるようになると、糖質や脂肪の燃焼率が著しく低下し、ダイエットの効率が低下します。 体脂肪を燃焼させる為に食事を我慢しても、燃焼されるカロリーが少なくなっては、賢いダイエットはできません。 無駄なストレスの蓄積に繋がり、長期間の継続も困難になるでしょう。

例えば、12時の昼食と19時の夕食の間の7時間に何も口にしないと代謝は低下してエネルギー源の消費率は低下します。 個人差はありますが、3~4時間ほどで食べた食品は完全に消化され吸収されます。 昼食と夕食の間の7時間中3時間程を空腹で過ごす事になりますので、この間にエネルギーの消費量と代謝は低下し、筋肉分解が引き起ります。

たったの3時間ですが、これは一日の約13%、起きている間の約20%(睡眠時間 = 8時間と仮定)に値し 、長期的には大きな違いを生み出します。 また、夕食の際には身体が栄養素やエネルギー源に飢えた状態になりやすい為、糖質や脂質の吸収率が高まり、贅肉として蓄えられる脂質量が増加します。

もし、間食を摂取しない生活が定着すると、次に訪れるであろう長時間の空腹時に備え、脂肪として蓄積される割合が高まることのでダイエットの妨げになるでしょう。 武蔵野短期大学健康生活科の玉木啓一講師の論文でも、空腹が筋肉分解を促す事と、食事の摂取が糖質の節約状態の解除に繋がる事が証明されています。
食事摂取とエネルギー代謝 ダイエット成功のために、玉木 啓一 、武蔵丘短期大学紀要Link

食事の時間帯と回数の疑問

「ダイエットやバストアップの為に最適な食事な回数は?」とよく聞かれるので、ここでお答えしたいのですが、「食事の回数は多い分には何回でも構わない」が私が導き出した結論です。 ただ、回数を増やす代わりに、1回毎に摂取する食事の量は減らす必要があります。回数を設定すると、必然的に食べる時間帯も意識するようになるはずです。

ダイエットとバストアップに向けた理想的な食事の回数は5回!!朝昼晩+間食夜食がベスト!

ダイエットとバストアップには共通する食事のポイントが幾つも存在します。 まずは、身体や筋肉の細胞が必要とする栄養素を小まめに提供する事です。 吸収率を高める為に、一度い大量に摂取するのではなく、少量を何度も小分けにして摂取する事が、栄養素の吸収に繋がります。

2つ目は、不要な栄養素やエネルギー源は摂取しない事です。 不要な栄養素やカロリーは無駄な脂肪の蓄積に直結し、ダイエットや身体のラインの強調の邪魔になります。 この2つのポイントを守りながら食事を行う為には、食事の摂取量を少なくし、回数を増やす事が有効です。

朝食と昼食をしっかりと摂取し、軽い間食を挟んでなるべく早い時間単にシンプルな夕食を心掛けましょう。夜間には、ダイエットにもバストアップにもプラスの効果のある食品や栄養素、プロテインなどを夜食として摂取しても良いでしょう。

個人差はありますが、ダイエットとバストアップに効果を最大限に高めるには、1日5食が理想的と言えます。 夜食が太るのでは?と思われがちですが、低カロリーで高タンパクな食品であれば、バストアップの効果を期待しながらダイエットに対する悪影響は最低限に抑えられます!

最後に

今回は、ダイエットやバストの悩みを抱える皆さん向けの食事の時間帯について、アドバイスを送りました。

朝や昼、間食は食べる事が非常に重要で、ダイエットやバストアップにも効果を示します。 何となく、夜食べてはいけないのは分かっていたはずですが、夜の食事の危険性の理由も理解して頂けたはずです。

夜は、シンプルにカロリーの摂取を抑える事、朝は自由にゴージャスに食事を取る事が楽しく継続させながらライフスタイルの確立にも繋がるでしょう。

始めは違和感を感じるはずですが、朝方にシフトする事で、身体的、心理的にも、経済的にもメリットがあるはずです。

根拠のある知識に基づいた食事法を貴方のライフスタイルに落とし込み、効率良く身体と向き合いましょう。

この記事を書いた人

高木 清太郎
高木 清太郎
ロンドンでパーソナルトレーナーとして活動しているSay!Taroこと、高木清太郎です!ラディアンヌの専属ライターとして記事を執筆しています。

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ 育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ

ラディアンヌでは、妊娠・出産・子育て、ライフステージや加齢によってバストや体型が変化する女性が美しく年齢を重ねていくための育乳ブラや補正下着を通販にて販売しております。「ダサい」「高い」といった補正下着のイメージを払拭し、サイズ交換時にかかる送料を無料とすることで、誰もが気軽に育乳ブラや補正下着を楽しめるお店作りに励んでいます。

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌはこちら

おすすめ育乳ブラ診断

おすすめ育乳ブラ診断 おすすめ育乳ブラ診断

初めての方にオススメの育乳ブラ

初めての方にオススメのブラ 初めての方にオススメのブラ

ラディアンヌのナイトブラ

ラディアンヌのナイトブラ ラディアンヌのナイトブラ

ラディアンヌピックアップアイテム

関連記事

return top