バストアップに良い食事って?偏った栄養では効果は実感できない!

バストアップに良い食事って?偏った栄養では効果は実感できない!

貧乳や下垂などに悩み、美バストになりたいと思ったとき、あなたはまずどんな方法を思い浮かべますか? 育乳ブラ?バストマッサージ?それとも豊胸手術でしょうか?

バストにコンプレックスのある人は一日でも早く成果を感じたいと思っているはずですよね。 そのためか理想のバストを手に入れるために食生活を改善しようとする人はあまり多くないように感じます。

事実、バストケアやバストアップに即効性のある食べ物というものはありません。 けれど実は長期的に見て、最も安定した効果が期待できるの方法の一つが食生活の改善なんです。

それは自力で十分な女性ホルモン量を分泌できる身体作りができるからなんです! 今回は美バストに良いとされる栄養素とそれを含む食べ物についてご紹介していきます。

美バストに必要な栄養素とは?

美バストに必要な栄養素とは、主に次の効果を発揮する栄養素のことを指します。

  • ホルモンバランスを整える
    女性ホルモンに含まれるエストロゲンは乳腺の発達を促します。乳腺が発達すると自然と乳腺を守るために脂肪もついていくので、結果バストアップにつながります。
  • バストの美肌効果、トーンアップ効果
    血流やリンパの流れを良くし、新陳代謝を高まることにより美肌効果、トーンアップ効果が期待できます。
  • バストをつくる体脂肪や筋肉を増やす
    脂肪となる材料がなければ、乳腺が発達しても脂肪も一緒についていきません。特に痩せ型の人はまずは必要な体脂肪をつけるようにしましょう。 またバストの地盤ともいえる大胸筋の発達により、バストのリフトアップ効果が期待できます。

具体的には、以下の栄養素と食べ物が効果的だといえます。

大豆イソフラボン 

期待できる効果ホルモンバランスを整え、美肌効果が期待できます。大豆製品に多く含まれます。
注意点食品安全委員会によると、大豆食品の摂取では問題ありませんが、大豆イソフラボンサプリなどを過剰に摂取すると、子宮内膜増殖症になるおそれがあります。妊娠中もサプリ摂取もやめておきましょう。1)
代表的な食べ物:豆乳、豆腐、大豆、納豆など。
参考文献:厚生労働省医薬食品局食品安全部、北島 新開発食品保健対策室長、平成18年8月23日、大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&Aについて、Link

たんぱく質

期待できる効果筋肉や血液を作り出し女性ホルモンの分泌を促す働きがあります。植物性たんぱく質と植物性たんぱく質をバランスよく摂取するようにしましょう。
代表的な食べ物:動物性たんぱく質はささみや青魚、卵や牛乳、チーズなど。植物性たんぱく質は豆乳、豆腐、大豆、納豆など。

ミネラル

期待できる効果身体の中で生成することができない栄養素なので、食事などから摂取する必要があります。ミネラルにはカルシウムや鉄、亜鉛など16種類があり、それぞれ酵素を活性化させる働きがあります。 不足すると代謝が悪くなり身体の不調につながります。特にホウ素(ボロン)はホルモンを活性化したり筋肉量を増やすミネラルとして注目されています。
代表的な食べ物:アボカド、玉ねぎ、ぶどう、オレンジなど。

ビタミンA

期待できる効果皮膚や粘膜の免疫力を高める働きをするため、ニキビなどの肌荒れが起こりにくくなります。
注意点食品安全委員会によると、鶏肉や豚肉のレバーなどの動物性ビタミンA(レチノール)やサプリメントの過剰に摂取により、胎児の催奇形性リスクが高まるとされています。2)
代表的な食べ物:人参、ほうれん草、レバー、うなぎ、卵黄など。
内閣府、食品安全委員会、ビタミンAの過剰摂取による影響、Link

ビタミンB2

期待できる効果「美容ビタミン」と呼ばれるほど美容効果の高い栄養素です。細胞の再生やエネルギー代謝を高める働きをするため、肌にハリとツヤを与えます。
注意点水溶性で体に溜めておけないので、毎日摂取することがおすすめです。
代表的な食べ物:レバー、アーモンド、ヨーグルト、牛乳、納豆など。

ビタミンC

期待できる効果コラーゲンの生成を促し、肌にハリをツヤを与えます。メラニン色素の沈着を防ぐ働きがあり、美肌効果によりシミ・しわ・そばかすの生成を予防します。
注意点ビタミンCは加熱により栄養が失われてしまいます。サラダやフルーツとして食べるようにしましょう。水溶性で体に溜めておけないので、毎日摂取することがおすすめです。
代表的な食べ物:ピーマン、スプラウト、オレンジ、キウイなど。

ビタミンE

期待できる効果血行を促進しホルモンバランスを整えます。またアンチエイジングにも効果があります。
注意点摂取目安量が一日100-300mgなのに対して、日本人は平均10mgしか摂取できていません。サプリなども活用してビタミンEを摂取するようにしましょう。
代表的な食べ物:アーモンド、筋子、鮎

どうやって日々の食事に取り入れていけばいいの?

ここまでご紹介した食べ物を見たあなたは「摂るべき栄養素が多すぎる!」「結局好きに食事していれば何かしらの栄養は取り込めてるんじゃ?」と思うでしょう。

健康・美容・バストケア全てにおいて言えることは、“バランスの良い食事を摂ること”が大切だということ。

一つの栄養素だけを極端に摂りすぎるも良くないんです。

毎日少量ずつでも色々な栄養を摂取できるようにしましょう。その不足分を補う形で各種サプリメントを活用するのも良いでしょう。

まとめ

健康に良い食べ物の殆どは美容にも、そしてバストケアにも良いものばかり。

もちろん+αで運動やバストマッサージなどもすれば効果は更に高まるでしょう。

無理せず長期的に健康的な食生活を続けていくことで理想の美バストを手に入れられるようになりますよ!

この記事を書いた人

福島 名緒子
福島 名緒子
米国在住、現在2歳の女の子を子育て中の30代主婦です。授乳でバストが垂れ下がったことをきっかけに、自身のバストケア方法やその時に得た知識や情報を記事にしていきたいと思います。

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ 育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ

ラディアンヌでは、妊娠・出産・子育て、ライフステージや加齢によってバストや体型が変化する女性が美しく年齢を重ねていくための育乳ブラや補正下着を通販にて販売しております。「ダサい」「高い」といった補正下着のイメージを払拭し、サイズ交換時にかかる送料を無料とすることで、誰もが気軽に育乳ブラや補正下着を楽しめるお店作りに励んでいます。

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌはこちら

おすすめ育乳ブラ診断

おすすめ育乳ブラ診断 おすすめ育乳ブラ診断

初めての方にオススメの育乳ブラ

初めての方にオススメのブラ 初めての方にオススメのブラ

ラディアンヌのナイトブラ

ラディアンヌのナイトブラ ラディアンヌのナイトブラ

ラディアンヌピックアップアイテム

関連記事

return top