メニュー

ブラジャーの前中心が浮くのは何故?原因と対策、ブラジャーを選ぶ際のポイント

ブラジャーの前中心が浮くのは何故?原因と対策、ブラジャーを選ぶ際のポイント

ブラジャーはサイズを合わせて購入しても、着用してみれば何かしっくりこない、着け心地が悪いといったことがよく起こります。

着け心地の悪いブラジャーは、着けたときブラジャーの各部分にさまざまな不具合が現れますが、ブラジャーの前中心が浮くという現象もその一つです。

今回は、ブラジャーの前中心に着目して、前中心の浮きの原因と対策、ブラジャー購入時の注意点などを解説します。

ブラジャーの前中心が浮く3つの原因と対策

ブラジャーの前中心が浮く原因は主に以下の3点です。

バストサイズよりもカップが小さい

カップのサイズが小さいものを着用すると、バスト全体がカップに入りきらないため、ブラジャーの前中心が浮いてしまいます。 その際、両方のバストはカップの中で押さえられている状態になっていますから、バストの形を崩しているということです。

柔らかいボールを上から押さえている状態をイメージしてみてください。 横に広がってしまいますね。バストもこれと同じ状態になっているということです。

ボールならば手を離せば元の形に戻りますが、バストは長期間押さえたままの状態でいると、バストの脂肪が横に移動し戻りにくくなってしまうため、早急な対策が必要です。 きちんとカップの合ったブラジャーを選び、着用しましょう。

アンダーバストよりもブラジャーアンダーのサイズが大きい

カップの大きさは合っていても、アンダーバストのサイズが大きい場合は前中心が浮くことがあります。

この場合は下からバストをしっかり支持できないため、ブラジャーの機能が発揮されません。

ホックをかける位置を変えてもまだ浮く場合は、カップはそのままでアンダーのサイズがワンランク小さいブラジャーを選びましょう。

バージスラインよりワイヤーの幅が狭い

自分のバージスラインよりワイヤーの幅が狭い場合も、バスト全体をカップに収めることができません。

バストの上にワイヤーが乗ってしまうような状態になってしまうため、ワイヤーの先端がバストに食い込み痛くなったり、ブラジャーの前中心が浮いてしまったりということが発生します。

この場合も、バストを崩れさせるためにブラジャーをつけているようなもの。 バストにとっては最悪の状態です。

バージスラインとワイヤーがきちんと合ったブラジャーを選んでください。

ブラジャー購入時はしっかり試着することが大切!

ブラジャーの着け心地がしっくりこないという人は、試着なしでサイズだけを見て購入している人や、デザイン重視で選んでいる人が多いようです。

ブラジャーは同じサイズでも、メーカーによって多少の違いがあったり、同じメーカーでもタイプによって微妙に違っていたりするものです。 ブラジャーを購入するときは必ず試着して着け心地を確認することをおすすめします。

ブラジャーを試着する際の手順とチェックポイントをご紹介します。

チェックポイント

  1. ブラジャーを正しく着け、ストラップの調整まで行う。
  2. 腕の上げ下ろしをして圧迫感や違和感がないか確認する。
  3. 上体を左右にひねってみて、ブラジャーにズレがないか確認する。
  4. ブラジャーの各部分(以下のポイント)をチェックする

カップ

  • カップの上に隙間がないか。
  • カップの上がバストに食い込んでいないか。
  • カップに緩みやたるみがないか。

中心

  • 前中心に圧迫感がないか。
  • 前中心が浮いていないか。

アンダーバスト

  • アンダーバストが苦しくないか、または緩すぎないか。
  • アンダーがずれ上がっていないか。
  • アンダーバストが食い込んでいないか。

バージスライン

  • ワイヤーがバストに食い込んでいないか。
  • ワイヤーの先端が皮膚にあたっていないか。
  • ワイヤーで脇や前中心に圧力がかかっていないか。

その他

  • バックベルトがずり上がっていないか

ブラジャーの試着の際は多少手間がかかりますが、上記の項目をしっかりチェックして購入するようにしましょう。

ブラジャーはファッション性より機能性を重視しよう

そもそもブラジャーは何を目的として着用するものか原点に戻って考えてみましょう。

ブラジャーを着用する目的は、バストを保護すること・バストの形を美しく補整すること・バストの形の崩れを防止することにあります。

この3つの目的は、自分のバストサイズに合った機能性の高いブラジャーを着用することで果たされます。

サイズに合っていないブラジャーや機能性が低いブラジャーを着用したのではブラジャーの本来の目的を果たせないばかりか、逆にバストの形を崩してしまったり、姿勢が悪くなることによりボディーラインまで崩してしまったり、健康にも悪影響を及ぼしかねません。

洋服の場合は、自分の好みのデザインを自由に選択しても体に影響を及ぼすことは少ないと思いますが、ブラジャーの場合は別です。

洋服を着たときのシルエットを美しく演出するためにも、機能性の高いブラジャー選びはとても大切なことなのです。 そのため、ブラジャーはファッション性ではなく機能性を重視して購入しましょう。

加齢によるバストの変化はブラジャーで抑制できる!

バストの構造は、胸壁(肋骨・肋間筋・胸筋)の上に位置し、皮膚・皮膚組織(脂肪)・乳腺組織で構成されています。 10〜12歳頃になると、女性ホルモンの分泌が増え始め成人型に成熟していきますが、女性ホルモンの減少とともに、乳腺組織は脂肪組織へと変化していきます。
乳房の構造と乳腺の役割、京慈恵会医科大学外科学講座、Chairman(統括責任者)大木 隆生Link

これによって、バストが柔らかくなるとともに、皮膚表面の弾力性や柔軟性も低下しバストを支える力が衰えていきます。 さらに、バストの重みや揺れなどによる刺激から、クーパー靭帯(バスト全体を支える結合組織)が伸びたり切れたりすることがあります。

クーパー靭帯は一度伸びたり切れたりすると元には戻りません。

そこで必要になるのがブラジャーの性能です。

クーパー靭帯に負担をかけないようにブラジャーでバスト全体を支え、なるべくバストの重みをかけない、揺らさないように固定できるです。

バストの変化は20代後半から始まるといわれています。

30代・40代とバストの変化が進み、50代ではほとんどの女性のバストは横に流れ下垂してしまいます。 しかし、早い段階で機能性が高くサイズの合ったブラジャーを着用することで、バストの変化を抑制することができるのです。

50代女性でも1割程度の人が、早くから合ったブラジャーの着用によりバストの変化を抑制しているという研究結果もあるそうです。

是非、バストの変化が起こり始める20代後半から、将来のことを意識したブラジャーの選択をされることをおすすめします。

30代・40代になってからでは遅いの?」と思っている方、いいえそんなことはありません。

早ければ早いに越したことはありませんが、適切なブラジャーを選ぶことで、今の状態をキープし、バストの変化を抑制することができます。

最後に

ブラジャーの前中心が浮くという現象は、合わないブラジャーの不具合の中でも、最もバストの形を崩す原因となるものです。

ブラジャーの選択によって、あなたの将来のバストの形が決まるといっても過言ではありません。

女性として生まれた以上、ブラジャーは人生の大半において大切なバストを託すアイテムです。

今一度ブラジャーの重要性を認識して、パートナー選びのように慎重に選ぶことをおすすめします。

この記事を書いた人

ラディアンヌスタッフ 相澤
ラディアンヌスタッフの相澤です。
私がこれまでラディアンヌをはじめ、下着業界でのお仕事で経験してきた下着やバストの知識や情報をみなさまにお届けしたいと思います。

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ 育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ

ラディアンヌでは、妊娠・出産・子育て、ライフステージや加齢によってバストや体型が変化する女性が美しく年齢を重ねていくための育乳ブラや補正下着を通販にて販売しております。「ダサい」「高い」といった補正下着のイメージを払拭し、サイズ交換時にかかる送料を無料とすることで、誰もが気軽に育乳ブラや補正下着を楽しめるお店作りに励んでいます。

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌはこちら

おすすめ育乳ブラ診断

おすすめ育乳ブラ診断 おすすめ育乳ブラ診断

初めての方にオススメの育乳ブラ

初めての方にオススメのブラ 初めての方にオススメのブラ

ラディアンヌのナイトブラ

ラディアンヌのナイトブラ ラディアンヌのナイトブラ

ラディアンヌピックアップアイテム

関連記事

return top