くっきりお椀型バストに!バージスラインが広いブラ!

くっきりお椀型バストに!バージスラインが広いブラ!

バージスラインに合っていないブラでバストは劣化!?バージスラインに合うブラで美胸を保つ!くっきりお椀型バストを作る、バージスラインが広いブラをご紹介!

バージスラインとは?

バージスラインの説明イラスト

バージスラインとは、バストの底辺です。バストとアンダーの境目になっている、バスト下部の円周部分を指します。

ブラジャーを着用するとき、このバージスラインにカップのワイヤーがフィットすることで、バストをしっかりと支え、理想的な形でバストをキープしてくれます。

バージスラインはバストの重さの負荷がもっともかかるため、バージスラインにフィットするブラジャーを選ぶことが美胸を保つ秘訣になります。

バージスラインがくっきりと目立つバストは、自立してたツンと上向き、お椀型の美胸になっていることが多いかと思います。

一方で、下垂や型崩れ、ハリの失った状態のバストはバージスラインにその変化が顕著にあらわれています。

バージスラインでバストスタイルが決まるといっても過言ではありません。

バージスラインに合うブラを選ぶ必要がある

トップバストとアンダーバストでサイズが決まるブラジャーですが、バージスラインを気にしてブラジャーを選んだことはありますか?

バージスラインにカップのワイヤーがフィットするブラを選ぶことで美しいバストスタイルをキープすることができますが、バージスラインに合っていないブラを選ぶとバストの劣化が進んでしまいます。

バージスラインに合っていないと

バージスラインにブラジャーのワイヤーの幅が合っていない

こちらの写真ではブラジャーのサイズはぴったり合っているように見えますが、バージスラインよりもブラジャーのワイヤーの幅が狭く、合っていないのがわかります。

バージスラインより狭いワイヤーによって、バストは潰されてしまい、逃げたバストのお肉がブラジャーからはみ出しています。

こういったブラを着け続けていると、バストが型崩れを起こしたり、脇肉が生まれたり、バストを支えるクーパー靭帯を損傷しかねません。

バージスラインに合っていると

バージスラインにブラジャーのワイヤーの幅が合っている

一方、こちらの写真ではブラジャーサイズがぴったりなのに加え、バージスラインとブラジャーのワイヤーの幅もぴったり合っているのがわかります。

バージスラインとワイヤーがぴったりフィットすることで、バストは見違えるように美しい形におさまります。

バージスラインにフィットしたカップがバストの重さや日中の揺れ動きや衝撃を吸収し、バストの型崩れや下垂を未然に防ぎながら美胸をキープすることができます。

バージスラインに合うブラの選び方

バージスラインにフィットする理想のブラと出会えることで大げさですが、人生が変わります。

バストスタイルは見違え、今以上の美しさを手に入れ、おしゃれを楽しめ、何歳でも、どんな環境でも自分に自身を持つことができます。

バージスラインに合うブラを選ぶためには、自身の今のバストの状態を把握する必要があります。

バストのエイジング

バストのエイジング3STEP

女性であれば誰しも、今の美しいバストを永遠に保ちたいものですが、他の身体の部分と同様に、加齢とともに老化していきます。

バストは概ね、上図の通り、3つのSTEPをたどり、バストのエイジングが進んでいきます。

ほどよい硬さがあったバストは徐々にハリを失い、柔らかくなり、バストを支えるクーパー靭帯が伸びていくことで、バストは垂れ下がり、乳腺も脂肪に置き換わっていくことで、中身がスカスカな、外に垂れ流れた状態になっていきます。

バージスラインの変化

垂れ下がったバストのバージスライン

エイジングの進んだバストはバージスラインも変形していきます。

10代・20代のころはバストもツンと上向きのお椀型のくっきりバストで、この頃のバージスラインは綺麗な半円を描けていました。

しかし、下垂や型崩れ、ハリの失いがあらわれ始める30代以降になると、バージスラインの円形は崩れてしまいます。

バージスラインの広いブラを選ぶ

バージスラインを測る必要はありません。自身のバージスラインの長さがわかったところで、現状のブラジャーのサイズはトップバストとアンダーバスト程度しか数値の表示がないため、それに対応するブラを探すことは困難です。

バージスラインに合うブラを選ぶためには、自身のバストの状態を把握して、その状態に合うように設計されたブラを選ぶことが大切です。

ブラジャーなんてどれも同じ、なんて思っていませんか?

ブラジャーには、目的や効果、着用する人の年齢やバストの状態などによって、様々なメーカーの、色んなタイプのブラジャーがございます。

自身のバストが、例えば、上図のどのSTEPのエイジングなのか、垂れ胸なのか、少しハリがなくなってきた程度なのか、もうすでにバージスラインにバストがたわみ、外に流れるほどになっているのか…

バージスラインの長さよりも、自身のバストの状態をまずはきちんと把握する必要があります。

バージスラインの広いおすすめのブラ

例えば、育乳ブラ・補正下着専門店ラディアンヌでは、妊娠・出産・子育て、ライフステージや加齢によってバストや体型が変化する女性が美しく年齢を重ねていくためのブラジャーを販売しています。

一般的な普通のブラジャーでは、バージスラインが綺麗な半円の、バストのエイジングが進んでいないバストを想定して、バージスラインが設計されているものが多いと思います。

しかし、ラディアンヌのブラは、バージスラインが変形した、バストのエイジングが進行しているバストを想定して、バージスラインが設計されています。主に、バージスラインは広めであったり、全体的に、下垂や型崩れ、ハリの失ったバストの特徴を考えた仕様になっています。

以下はラディアンヌの中でも、バージスラインが広めで人気のブラです。

女性のバストスタイルは十人十色ですので、合う合わないがありますが、自身の今のバストを把握し、理想のバージスラインに合うブラ選びの参考になれば幸いです。

脇肉が多い方、鳩胸、バストにハリがない方に

脇肉カップインブラの寄せる効果

脇肉が多い方、鳩胸、バストにハリがない方におすすめする寄せるブラは脇肉カップインブラです。直径の大きなカップでサイドから脇肉ごとカップに寄せ集めるフィット感に病み付きになります。

離れ胸や垂れ胸でもワイヤーが苦手な方に

脇肉カップインすっぴんブラの寄せる効果

離れ胸や垂れ胸でもワイヤーが苦手な方におすすめする寄せるブラは脇肉カップインすっぴんブラです。ノンワイヤーながらも、寄せてキープする補正力はあり、ワイヤーが苦手な方に人気で、Tシャツ1枚でも洋服に響きにくいので日常使いができます。

ナチュラルな寄せ上げがお好みの方に

脇肉ブラレットしっかり寄せるタイプの寄せる効果

ナチュラルな寄せ上げがお好みの方におすすめする寄せるブラは脇肉ブラレットしっかり寄せるタイプです。ワイヤーもなく、パッドもなく、薄いブラジャーですが、バストや身体にぴったりフィットし、しっかりと寄せてくれます。

この記事を書いた人

COCO
COCO
34歳、一児の母です。大学では心理学を専攻し、卒業後は大手広告代理店に10年間勤務していました。結婚を機に専業主婦となり、空いた時間にブログを書くようになってから、ライターとしてフリーでも活動しています。

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ 育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌ

ラディアンヌでは、妊娠・出産・子育て、ライフステージや加齢によってバストや体型が変化する女性が美しく年齢を重ねていくための育乳ブラや補正下着を通販にて販売しております。「ダサい」「高い」といった補正下着のイメージを払拭し、サイズ交換時にかかる送料を無料とすることで、誰もが気軽に育乳ブラや補正下着を楽しめるお店作りに励んでいます。

育乳ブラ・補正下着専門店 ラディアンヌはこちら

おすすめ育乳ブラ診断

おすすめ育乳ブラ診断 おすすめ育乳ブラ診断

初めての方にオススメの育乳ブラ

初めての方にオススメのブラ 初めての方にオススメのブラ

ラディアンヌピックアップアイテム

関連記事

return top