1限目 バストの構造と胸が大きくなる仕組み

それじゃあ、1限目は「バストの構造と胸が大きくなる仕組み」よ。

育乳先生、私、バストアップしたいんですがどうすればいいですか?

よしこさん、いきなりストレートな質問ね。バストアップにはいろんな方法と手段があるわ。まずは、バストの構造と胸が大きくなる仕組みを理解してから、よしこさんに合った方法と手段でバストアップを頑張ってみてね。

バストの構造について

よしこさん、どうしてバストが柔らかかわかる?

え、どうしてって・・・、赤ちゃんがおっぱいを飲みやすいように?

ふふふ、なかなかいい答えね。人間が進化していく過程で本能的にそうなったかのもしれないわね。
バストが柔らかい理由は、そのほとんどが脂肪でできているからよ。

脂肪って?あの脂肪!?

そうよ、あの脂肪よ。よしこさんのお腹にもついている脂肪よ。

よしこさんのお腹 よしこさんのお腹

あはは・・・、ダイエットがんばりまーす

バストには乳腺がはりめぐらせているの。乳腺っていう言葉を聞いたことはあるわよね?この乳腺が母乳を作る役割を担っているのよ。

なるほど、じゃあ、バストが大きい女性は母乳もたくさん出るんですか?

実はバストの大きさと母乳の量は関係がないの。バストが大きいからといって、乳腺も多いとは限らないのよ。
よしこさんが思春期のころ、バストにどういう変化があった?

胸が大きくなる仕組み

確か、中学生くらいのころは胸が膨らむというより張っていたような気が・・・。

それは、脂肪よりも乳腺のほうが多いからなのよ。女性は思春期ごろからバストが膨らみ始めるわよね?思春期ごろから女性ホルモンが分泌されるようになって、乳腺が発達し始めるの。そして、その乳腺を守るために脂肪がつくことでバストが膨らんでいくのよ。だから、思春期間もないころはまだ脂肪が十分に付いていないから張りがあって硬いのよ。

育乳先生、私、Bカップ程度のバストなんですけど、私もDカップくらいバストアップしたいです!バストにもっと脂肪がつけばバストアップしますよね!?

よしこさんのバスト よしこさんのバスト

意図的にバストに脂肪をつけることはかなり難しいことよ。

そうなんですか!?良い方法があるんでしょ?教えてくださいよー。

確かにバストアップには色んな方法があるわね。それはこれからの授業をきちんと聞いて学んでいってね。

わかりました!

クーパー靭帯がバストを支えている

育乳先生、乳腺が発達して脂肪が付き始めてバストは大きくなっていくっていう仕組みはわかりましたが、バストは大きく重くなっていくのに、どうして重力に逆らって上を向いているんですか?

よしこさん、あなたのバストは下を向き始めているわね。

ぎくっ

よしこさんの下垂したバスト よしこさんの下垂したバスト

バストは、クーパー靭帯というゴムのようなもので支えられているのよ。

くーぱーじんたい?

クーパー靭帯 クーパー靭帯

育乳先生、胸の筋肉がバストを支えているんじゃないんですか?

よしこさんのように思う人も少なくないんだけど、胸の筋肉、大胸筋はバストを支えているというより、バストの土台となっているの。
バストアップやバストの下垂を防ぐためには腕立て伏せをして筋肉をつけたほうがいいって聞いたことあるかしら?

あ、育乳先生、それ聞いたことがあります。でも、私、腕立て伏せができないからな実際にやっていないんです・・・。

よしこさん、大丈夫よ。腕立て伏せをしても、胸が大きくなるというより、胸囲が大きくなるだけよ。ただし、忘れてないで欲しいのが大胸筋はバストの土台、大胸筋がつくことで胸の位置が上がり、バスト下垂には少なからず影響があるのよ。これについては、また今度の授業で詳しく説明するわ。

1限目のおさらい

テストに出るよ テストに出るよ
  • バストは乳腺と脂肪でできている
  • 母乳を出すために乳腺が発達し、それを守るために脂肪がつく
  • 脂肪がつくことで柔らかさのあるバストに膨らむ
  • 膨らんだバストはクーパー靭帯で支えられている